仕事が上手くいかない新人でも2年目でも即転職。彼女が出来ないのもそのせい

『仕事が上手くいかない』と感じた経験がある層は決して少なくありません。

一時的なことならとりとめて心配する必要はありませんが、問題は長期的にそういう気分になってしまっている場合と、それが原因で心身に影響が出ている場合です。

今回の記事では、仕事が上手くいかないと悩んでいる方に向けて、理由と今日からできる対策をご紹介していきます!苦しみの改善のためにぜひ参考にしてくださいね!

目次でざっくりチェック

仕事が上手くいかない理由とは?

仕事が上手くいかないと感じるとき、そこには必ず理由があります。

自分自身に関連したものではなく他者や他社が原因になるケースもありますが、今回は『自分自身に関連した』理由を見ていきましょう。

自分の状況に該当するものがあれば、対策を取ることで改善を目指していけます。

経験不足で上手く対処できていない

経験不足だから必ずしもできないということはなく、経験不足でもやってみたらできるジャンルの物事はあります。
しかし経験不足だから難しいこともあるのは事実・・・そういうものにぶつかってしまったとき、大抵の人は苦しく感じます。

この場合は諦めずに全力で取り組むことで改善する場合もあれば、上司に素直に打ち明ければサポートしてもらえて改善する場合もあります。

我慢が辛い、限界・・・というときには遠慮せずに上司に打ち明けましょう。

ケアレスミスを繰り返してストレスになっている

ケアレスミスを繰り返す⇒指摘されるのを繰り返す・・・というのもストレスに繋がります。

指摘する側だけでなく、指摘される側もストレスを感じるのです。

ケアレスミスは紙でもWordやExcelでも、TO DOリストを作成したりチェックシートを作成したりすることで防ぎやすいポイントです。
ケアレスミスというのは一度や二度見直せば防げる種類のミスを指します。

頭だけでスケジュールやタスクを管理していると、一度や二度の見直しをするのを忘れたまま提出してしまい『ケアレスミスしているよ!』と指摘される展開に繋がるのです。

提出前に確認しなければいけないポイントを細かくチェックシートに記載して、確認のために毎回その通りに進める。それだけでもケアレスミスは大幅に減らせるでしょう。

もしTO DOリストやチェックシートを自己作成していなくて『ケアレスミスを繰り返している』という状況にある方は、とりあえずTO DOリストやチェックシートを作ってみてください。

その結果ケアレスミスをなくすことができれば、仕事に対する感情は大幅に改善する可能性があります。

余裕不足・ハードワーク

余裕不足やハードワークは集中力を切らす場合があります。

どれだけ優秀な人でもほとんど休まずに仕事ばかりを続けていると、ガス欠のような状態になり不調に陥ることはあります。

この場合はゆっくり休むことで解決できます。
休めない、自分の代わりはいないと感じるときでも、もし自分が疲れのあまりミスをしてしまえば周りに多大な負担がかかる可能性があるので、素直に相談してみましょう。

完璧主義の方ほど、抱え込みやすかったり他人に任せるのを嫌がったりするケースがありますが、上手に周りを頼るスキルもいざというときに必要なスキルの1つです。
それで業務効率が良くなるなら万々歳です。

プライベートなどの事情で仕事に集中できていない

仕事でストレスを感じて家庭に持ち込んでしまう方がいるように、プライベートでストレスを感じて職場に持ち込んでしまう方もいます。

プライベートのせいで仕事に集中できないというケースもあります。

仕事のためだけに生きているならそんなことにはならないはずですが、まるで天秤のように仕事もプライベートも繋がることがあるというか、バランスが崩れると不調になってしまうことがあります。

もしそうなったら、できるのはバランスを安定させることです。
解決する方法があるなら問題に向き合ってみる、解決する方法が・・・例えば失恋の痛みなど、時間が解決するするのを待つしかない類のものなら、とにかく考えないように意識をコントロールしながら待つ。

考えても仕方ない、自分が取れる解決策が無い問題については、考えないようにして放置。

状況は人により様々でしょうが、各状況に最適と思われる方法で上手く波を乗りこなしていきましょう。
荒波を乗りこなしているうちに気付いたら波が穏やかになっていることもあります。

プレッシャーもしくは無関心さ

仕事や職場でプレッシャーがある場合、もしくは自分自身が仕事に無関心の場合も。上手くいくいかないを考えてしまうきっかけになりやすいです。

プレッシャーが辛い場合は・・・上司に伝えるかどうかは状況次第で変わってきます。
『期待されるのが嬉しい』と感じる場合は、プレッシャーに耐えてやりきるというスタンスでいれば時間が解決してくれるでしょう。

『プレッシャーがあるとむしろ集中できない』と感じる場合は、踏ん張って耐えるか、どうしてもダメなら上司に相談するようにしましょう。

また、自分が今の仕事に無関心なせいで上手くいかないと感じるなら、仕事の中で興味が持てるものに目を向けてみましょう。それすらもない・・・という場合は、現在担当している仕事ではなく、将来したい仕事について考えてみましょう。

そして将来したい仕事のためには今、何が必要かを考え、日々の就業とは別に勉強したり日々の就業の中で『これは役立ちそうだ』と感じる内容に向き合ったりすることで、前向きな気持ちにもっていきやすくなります。

現在担当している仕事には無関心でも、将来したい仕事に『現在』が役立ちそうなら関心を持てるという方、案外多いのではないでしょうか。

職場の人間関係が悪い

職場の人間関係が悪いと、仕事が上手くいかないと感じてしまう場合があります。

『仕事と人間関係なんて別問題!』と割り切れる方もいますが、基本的には少数派。職場の人間関係が悪いとストレスになり、業務にまで支障が出ることがあります。

自分の振る舞いや行動で人間関係を改善できるなら試してみるのも良いでしょう。
自分1人ではどうしようもないなら信頼できる相手に相談してみるのも良いでしょう。
時間が経過すれば収まりそうなら、ただ待つだけでもいいでしょう。
気持ちをコントロールして割り切れそうなら、何もしないで我関せずというのもありです。

ちなみに職場の人間関係が悪い場合、転職理由にもなりやすいです。

転職を考えるならそれもいいでしょうが、転職はリスクがあることだけは把握しておきましょう。
リスクを加味したうえで自分が良いと感じるなら、転職も対策の候補に挙がってきます。

新人でも2年目でもベテランでも落ち込むことはある?

新人さんでも2年目でもベテランでも、仕事で落ち込むことはあります。
落ち込んでも周りに言わない層もたくさんいるので、『うちの職場の人が落ち込むことがあるなんて信じられない』と感じてしまう方もいるかもしれません。

しかし、落ち込むことは誰でもあるのです!!

メンタルが屈強なイメージを持たれているアスリートでも、落ち込むことはあります。

うつ病と診断されていなくても、一時的にまるでうつ状態かのように落ち込むことだってあります。

人間の心は常に一定ではありません。

もしも今落ち込んでいるなら・・・『誰でもそういう日はある』と捉えましょう。
そのうえで前向きに整えていきましょう。
落ち込む時間を決めて落ち込むのもいいですが、その時間を過ぎたら『これからできることはあるか?』を考えるといいでしょう。

行動することにより現実を変えていくことは可能です。

仕事が上手くいかないとプライベートにも影響?彼女もできない?

仕事が上手くいかないと、プライベートに持ち込んでしまう・・・という層は少なからずいます。
プライベートの問題を仕事に持ち込んでしまって仕事が上手くいかないと感じる・・・ということの逆パターンですね。

仕事が上手くいっているときは自信が溢れるので、女性にもグイグイいきやすく、結果的に彼女がスムーズにできた!!と、感じることもあるかもしれません。

仕事が上手くいってないと感じると、後ろ向きな気持ちになって女性にグイグイいけず、彼女が欲しいのにできないと感じることもあるかもしれません。

とはいえ、彼女ができないと結論を出すのは極端です。

どんな状況でもできる可能性はあるでしょう。

ただ、プライベートも上手く運ばせたい方は、仕事を整えることはきっと役に立ちます。
仕事に真剣に向き合って自分にできることを全力でしていれば、自然にプライベートも落ち着きやすくなるもの。

仕事をするのもプライベートを過ごすのも、肉体や心が変わるわけではなくどちらも『自分自身』なわけです。片方だけ・・・ではなく、両方を満足のいく状況にしたいと考えることは欲張りでも何でもありません。

とりあえず仕事やプライベートが今、どんな状況であっても、前向きに取り組んでいきましょう!

仕事が上手くいかないってどういうタイプ?

似たような状況でも仕事が上手くいかないと感じる方もいれば感じない方もいます。

仕事が上手くいかないと感じやすいのはどういうタイプなのでしょうか。
以下で傾向を確認していきましょう!

どんな仕事も嫌々やっている

仕事を嫌々やっていると、上手くいかないと感じてしまいやすいです。
それは問題やミスを発見したときに『面倒だな』という気持ちが先行してしまうというのも理由でしょう。

仕事を『おもしろ』『楽しい』『好きだ』と思いながらやっていると、そもそも集中力が高まりやすいので問題やミスを減らしやすいですし、仮にあったとしても前向きな気持ちで修正に取り組んでいけます。

『病も気から』という言葉があります。

気の持ち方次第で、感じ方がグッと変わってしまうこともあるのです。

嫌々やっていると嫌々なりのマイナス面が目につきます。
楽しみながらやっていると、良いところが目につきます。

同じ人間がやるとしても結果は大いに変わる可能性があります。

ということで、どうせやるならできるだけ『楽しむぞ!』という姿勢が大切です。感情をコントロールするのが苦手な方は、お家にいる時間で練習してみるのもありです。

自己中心的・周りのことを思いやらない

自己中心的でも周りへの思いやりがなくても、他者に迷惑を掛けないならダメではありませんが、自己中心的なせいで結果的に自分も迷惑をこうむってしまうならダメでしょう。

他者に迷惑をかけていなくても、自己中心的だからと周りから避けられるケースはあります。
避けられたのが職場だったら・・・仕事に影響が出て当たり前ですよね。

しかも職場で避けられてしまうと、困ったときに助けを求めづらくなります。
困るのは自分です。

自分中心でいたはずなのに、けっきょく自分中心になれない状況を招いてしまう。

『他者に迷惑をかけないタイプの自己中心的なら個性でいいでしょ!』といえるはずなのに、ずいぶん非効率ですよね。

ということで・・・!
個性も大切ですが、周りと協調したり自己中心的さは仕事の場では抑えたりしたほうが、結果的に自分のためになるのです。

時間やスケジュールにルーズ(遅刻魔など)

時間やスケジュール、規則にルーズな方は職場でもプライベートでも避けられやすいです。

外国だとどれだけ遅刻しても気にしない国もあるようですが、ここは日本・・・日本で暮らすなら日本のルールや常識を守らないといけません。

みんな日本の基準で物事を量るので、時間や規則を守らなければそれはマイナスポイントとして認識されてしまいます。

繰り返すことで信用を失ってしまいます。

時間や規則を守らなくても、『人としては好き』と思われて仲良くできる場合はあるでしょうが、仕事の面では厳しく割り切られてしまう可能性があります。

そうなると『なんだか仕事が上手くいかない』と、感じるような状況になる可能性が出てくるのです。

もしも時間や規則にルーズ、そういえば注意されたことあるな・・・と、思いつく場合には・・・今日から気を付けようと改めてみましょう!

タスク管理が下手。todoなどの導入を検討せよ

仕事が上手くいかない、そこに他者や環境が関係ない場合においては、自分の頭の中で順序を整理できていなかったり非効率なやり方に偏ってしまっていたりする場合があります。

まずは効率を見直してみましょう。

自分はどういう順序で仕事に取り組んでいるか把握して、そこに非効率さを感じるなら効率アップをするにはどういう取り組み方にすればいいか考えてみましょう。

仲の良い同僚や先輩がいるなら、業務の効率アップについて相談してアドバイスをもらうのもいいでしょう。

もしも順序や業務の確認項目に改善点がいっぱいあるならTo Doリストを作成してみるのもありです。

To Doリストとは、業務で行うべきことをリスト化して明確にしたものです。
取り組んでいる仕事によっては、各案件ごとにTo Doリストを作っている方もいれば、毎日のルーティンの際の最終確認項目としてTo Doリストを作っている方もいます。

とにかく、行う順序や確認する順序でリストを並べて、1つ1つ確認していくのです。

そうすれば『あ、提出した書類の、あの部分の確認忘れてた』という感じのケアレスミスは防ぐことができます。

タスク管理が上手い人=頭の中で効率良く順序を設定できて管理できる人にならなくてもいいのです。To Doリストを駆使して、タスク管理が上手くなれれば問題ありません。

実際、弁護士や経営者でもTo Doリストを取り入れている方はいますし、以前はケアレスミスをよくしていたけどTo Doリストを取り入れてからしなくなったという方もいるでしょう。

仕事が上手くいかないと感じる理由に、タスク管理の下手さが絡んでいると感じる方は、さっそく効率アップを目指していきましょう。

上司や先輩が苦手で関わるのを避けている

上司や先輩が苦手で関わるのを避けている場合も・・・仕事が上手くいかないという感情に結び付きやすいです。

困ったことがあったときはもちろん、些細な確認や質問でも、上司や先輩に話し掛けるのが負担だったら『いいや、自力で何とかしよう』と避けてしまいやすくなります。

そうなると自分にかかる負担が大きくなったり、確認さえすれば一瞬で解決する物事に労力を使ったりして、非効率かつ疲れてしまうことがあります・・・。

ということで上司や先輩が苦手で関わりたくないと、仕事面にも影響が出てくることがあります。

対策としては、『コミュニケーションも業務の一環』と割り切って話し掛けるようにするか、もしくは話しやすくできるように飲み会やランチなどでコミュニケーションを取ることを繰り返して、会話や一緒に過ごすのに慣れることにより『話しやすい相手』カテゴリーに組み込んでしまうことです。

理想と現実のギャップが激しい

理想と現実のギャップが激しいときにも、(実際成果は上げていたとしても)上手くいかないと感じてしまいやすいです。

理想ではバリバリコミュニケーションを取ってバリバリ仕事して、みんなから尊敬されて・・・と、思っていたのに、いざ入社して仕事を始めてみると、地味な毎日・・・

という場合でもギャップを感じやすいです。

どこにギャップを感じるかは人それぞれですが、ギャップを感じる方は理想や願望を高く持っていた前向きな方が多いです。それ自体は良いことなので、ギャップを感じたらそこを埋めるために『できること』に目を向けていきましょう。

もっと活躍できる仕事をしたいなら⇒その仕事をするためにはどうしたらいいか(勉強して資格を取るべきか、部署異動を希望するか、状況が変わるまで待つべきかetc)考えれば、対策が見えてきます。

ギャップの埋め方がわからないまま放置してしまうと、上手くいかないと感じてしまうかもしれないので、自分なりに解決を目指してみましょう。

完璧主義者で自分で自分を追い詰めている

完璧主義者も、求めるもの(完成度)への基準が高いので仕事面で苦しみを抱えやすい傾向です。

完璧主義者もいいですが、『100%完璧な書類が完成するまで提出しない!!』⇒結果、納期をすぎてしまった・・・ではなく!8割の完成度だとしてもとりあえず納期までに提出しちゃう・・・とバランスを見ながら調整していきましょう。

それは決して手を抜くということではありません。バランスが大切です。

自分にとっての100%の完成度が、上司にとっての100%の完成度だとは限りません。

『ここを改善したらこの書類もっとよくなるよ』とフィードバックされる可能性もあるのです。
納期を守って出しておけば、フィードバックを元に改善して再提出して、その結果とても良いものが完成する場合もあるのです。

1人で全ての役割をできる人間はいません。
完璧主義であることが役立つ場面もたくさんありますが、『完璧主義だから上手くいってないのかも?』と、ふと感じてしまった方はバランスをとる方向にシフトしていくのはいかがでしょうか。

他人と比較して嫉妬したり愚痴をいったり

他人と比較してしまって嫉妬したり愚痴や悪口をいったりしてしまう場合も、仕事で上手くいかないと感じてしまいやすいです。

他人と比較しても仕方ありません。
正々堂々とした競争はいいですが、比較で不満を感じるだけでは何も生まれません。
比較しているだけで終わらせている場合は、比較した結果、自分はこういうところで頑張ろう!こういうところを伸ばそう!と、前向きになっていくことが大切です。

他人に嫉妬して、その感情を理解して割り切り、もっともっと自分も頑張るぞ!と思えるならいいですが、嫉妬から愚痴や悪口をいってしまう場合は要注意。
特に同じ会社の人の前でいってしまうと、誰の耳に入るかわかりません。

こういう比較や嫉妬による苦しさは、自分自身が作り出しているもの。

比較や嫉妬が理由でイライラして仕事に影響を及ぼしていると感じるなら、まず心を落ち着かせましょう。そして、比較や嫉妬では何も生まれないから、自分にできることをしていくしかないと割り切ることで気持ちは楽にしやすいです。

気持ちが落ち着くことで仕事面に良い影響を与えることができるでしょう。

仕事が上手くいくようにするためのコツ

仕事が上手くいかない⇒上手くいっている!!

という状況にするためのコツを確認していきましょう。

原因を分析して理解する

どうして上手くいかないか原因を知ることで、解決のためにはどうしたらいいかわかります。

まずは原因に向き合ってみましょう。

プラス思考になる(イライラしないようにセルフコントロール)

プラス思考でいることはとても大切です。
仕事をしていればイライラしてしまう場面はあるかもしれませんが、イライラを感じたら深呼吸。考え方を変えてプラス思考に持っていくことで心を安定させましょう。

安定した心は冷静に物事を判断することができるので、結果的に自分自身を助けることに繋がります。

周りとの協調性を大事にする

周りとの協調性を大事にしましょう。

ほとんどの仕事は誰かと繋がっています。
1人で作業しているつもりでも、その作業の先には誰かがいるものです。

完全に1人でできる仕事はないので、周りとの協調を大切にしておくことで居心地が良くなったり、困ったときに助けてもらえたりします。

上司や先輩に相談してみよう

上司や先輩に相談できるような関係性を築いておくことも大切です。

これも協調の一環です。

現時点で関係性が築けていないとしても・・・相手が意地悪な感じではないなら、素直に相談してみるのもありです。上司や先輩としても相談してもらって初めて状況を知って、サポートしてあげなきゃと考えてくれるケースもあるのです。

習慣(ルーティン化)してしまう

慣れない仕事や不得意な仕事も慣れてしまえば見え方が変わるでしょう。

慣れるためには時間を使う・・・のはもちろんですが、習慣化することで効率良く負担軽減を目指すこともできます。

毎日こういう順序でこの時間から作業をするとか、この作業を始める前にコーヒーを飲むとか、簡単なデスクの掃除をするとか。習慣化することで、大変だと思っていた仕事がスムーズにできるようになっていくこともあります。

他人ではなく自分が変わる

他人を変えるのは至難の業です。
他人を変えようという意思を持って接すると相手は身構えます。
それに価値観も育った環境も違う相手が、まったく自分と同じ意見を持ってくれるなんて・・・なくて自然ですよね?

みんな違う、仕方ない。だからこそ、人間が集まって知識や経験を持ち寄れば良いものが生まれることがあるのです。

仕事で何かを変えたいとき、他人を変えるのは難しいので自分が変わってみるのもありです。
そうすることで周りに影響を及ぼし、周りが自然に変化する可能性だってあります。

自分を変えることはいつでもできます。

そしてそれによって状況が改善することもあるのです。

他人を変えようと頑張ってストレスを感じてきた・・・という方は、一旦その感情を手放して仕事に向き合ってみるのはいかがでしょうか。

仕事が上手くいかないを理由に転職するのはあり?

仕事が上手くいかない、それを理由に転職するのもありです。

ただし、転職したら100%理想の環境に行けるという保証はないことを受け止める必要があります。
転職しても同じような壁にぶつかることはあるのです。

上司がパワハラとか、職場がブラックすぎるとか、そういう『今すぐにでも辞めたほうがいい理由』がない場合については、まず今の職場でできることを試してみて、それでもダメなら転職活動を検討してみるといいでしょう。

辛い気持ちの解消方法はないか考える

仕事が上手くいかなくて転職まで考える方は、状況が辛いということです。
まずは辛い気持ちの解消方法はないか考えてみましょう。

ここまでご紹介した対策やコツでもいいでしょう。
できそうなものがあるなら試してみてくださいね。

仕事がうまくいかない時にやってはいけない事

仕事が上手くいかないときに、やってはいけないこともあります。

自分で自分を居心地の悪い状況にしないためにも、以下の事柄は避けるようにしてください。

暴飲暴食や他人のせいにするなどネガティブになることはしちゃだめ

ストレス過多で暴飲暴食をしたくなっても別の方法で発散しましょう。
運動や睡眠、旅行でのリフレッシュでもいいです。
それでもストレス過多すぎるということであれば、心療内科のカウンセリングに、お試しで行ってみるというのもありです。誰かに話を聞いてもらえれば落ち着くこともあります。

また、どういう状況でも他人のせいにしてはダメです。
他人のせいにして解決する物事って基本的にありません。

けっきょく前に進んでいくしかないのです。

どうせ前に進むしかないなら、楽しく進めるほうがいいですよね?
楽しさを第三者に求めると、楽しい楽しくないの状況は第三者の影響でぐらぐらと左右されてしまい、不安定です。
自分で自分を楽しくする方法を身に着けるほうがいいのです。

その方法は心の持ち方だったり、勉強だったり、旅行や趣味だったり。それは人それぞれです。とにかく前向きでいられるようにしていきましょう。

どうしても転職したいなら情報収集から

色々考えたけど、どうしても転職したいという結論を出したら行動していきましょう。

ネットを駆使したり、転職エージェントに登録したりして情報収集を始めてください。
よほどの事情がない限りはすぐに退職するという極端な方法に出なくてもいいでしょう。

情報収集をすることにより、イメージと実際のギャップリスクを減らすこともできます。とにかく情報収集は大切です。

長めの休暇をとってみよう

疲れ果ててしまったという方は、できるなら長めの休暇を取ってみましょう。
上司に相談して有給を使うというのも、心身を元気にするためにはありです。

転職を希望している場合は、経済事情によっても可能かどうかは変わってきますが、どうしても限界なら先に退職して一定期間休むというのもありでしょう。

その期間は失業保険や、出るなら退職金で賄います。

しかし貯蓄の問題などによりそれができないなら、先に転職先の内定を得てから、現職に辞める旨を伝え、退職日から入社日の間に数日でもいいので休暇を確保するといいでしょう。

『まとめ』自分が変われば周りも変わる!

今回の記事では、仕事が上手くいかないと感じてしまうときの原因や対策を中心にご紹介しました。

働いていると、そういうことを感じてしまうことはあるでしょう。
珍しいものではありませんが、都度解消してあげたり前向きな心構えにしてあげたりすることで、見え方は変わってきます。

今現在その気持ちに悩んでいる方は、取れる対策を取ってみましょう。

給料をあげたいならマイナビ

年代別に最適な求人をバックアップ。書類の確認もしてくれます
書類も面接もうまくいかないそんな人にはバックアップのあるマイナビ
労働時間同じで給料は2倍へあげよう
マイナビの無料登録は以下からどうぞ。

【無料】マイナビエージェント登録はこちら




徹底的なブラック企業の排除の就職サイト

書類通過率はなんと80%越え、大手企業や優良企業のみで厳格な審査により、ブラック企業の排除
約10万件の求人を見るだけでもok
30秒で年収を300万円あげたいならdodaをご確認下さい
>年収1000万越えを期待。dodaはこちら

doda



未経験ok5000 件以上

就職成功者5000人以上
30秒でお試し30秒で無料登録
未経験で就職したいなら第二新卒エージェントNEOがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!第二新卒エージェントNEOはこちら



土日休みで正社員雇用率80%越え

関東周辺にお住まいの今年中に就職したい方におすすめ
30秒でお試し登録
未経験で就職したいならハタラクティブがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!ハタラクティブはこちら
ハタラクティブ


【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です