【ホワイト企業】引っ越し、赴任手当のでる企業に転職したい

赴任手当、引っ越し手当てがでる企業は、福利厚生に力を入れている証です。もらえるのは転職時の1回きりではありますが、どうせならもらいたいですね。

転職時に赴任手当がもらえる企業を、タイプ別にまとめてみました。

1.初任地が地方の場合

転職して最初に勤務する場所が、現在の居住地から離れている場合に、赴任手当がもらえることがあります。これは、正社員の異動の時に支給される制度が、新入社員にも適応されます。額としては引っ越し代金に相当する額が一般的です。

値段の目安は、こちらでチェックしてみてください。

実際には上限は10万円(単身)~25万円(家族)程度で、自分で支払ったのちに、領収書を提出すると、初月の給与に上乗せされるようです。中には一律で金額が決まっている会社もあります。

2.交通関係の企業

鉄道、航空会社など、交通系の企業の場合、自社での移動に対して、補助がある場合があります。

面接時の交通費の支給の有無が参考になるでしょう。

3.公務員

公務員は、条例などで赴任旅費の支給が定められていることが多いです。この場合、実費ではなく、基準に基づいた一律の支給になることが多かったのですが、制度が変わり、今後は実費が主流になります。

外部サイト:転勤族のバイブルより【傾向と対策】国家公務員の赴任旅費(移転料)が実費に!金額変わる

引っ越し代の目安は、こちらでチェックしてください。

 

4.ホワイト企業

単にホワイト企業のため、従業員の福利厚生として、赴任手当を支給している会社もあります。医療関係の企業に多い印象があります。その場合は求人に赴任手当支給とかいてありますので、チェックしましょう。

実際には、聞きにくい

以上、赴任手当が支給されるケースを紹介しました。

面接や、応募の段階で「赴任手当は出ますか?」という質問は、実際には、しにくいものです。

転職エージェントを活用している方は、エージェントに確認するのが良いでしょう。

ホワイト企業への転職は、マイナビとdodaに登録するのが基本です。

転職サイトはいろいろありますが、
まずはマイナビとdodaへの登録が基本です。

マイナビエージェントは求人情報サイト、CMでもお馴染みのマイナビが運営している転職エージェントです。 20代の転職希望者に人気があり、書類添削はもちろん模擬面接など親身になってくれるサポート体制が高評価を獲得しています。

マイナビエージェント公式サイト【無料】

ホワイト企業選びならdodaがいいでしょう。就活・転職大手のパーソルグループの運営です。業界最大級の求人数ですので、ひとまず登録することをおすすめします。dodaであればブラック企業は完全排除しているので安心して就職活動出来ます。

【ホワイト企業に転職】dodaに相談

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です