フリーターの女の就職。独身で一人暮らしだと末路は悲惨。

フリーター女の就職

現在フリーターとして働いている方で「将来に不安を感じている」という方は多いのではないでしょうか。
働き方が多様化しているとはいえ、フリーターは「得しない働き方」に該当することが多いです。
収入、税金、様々な要素で普通に正社員になるより不利になることも・・・。

今回はフリーター×女性の将来や現実等に総合的に迫ります。

フリーターの女の就職!20代中に就職したほうが良い?

フリーターの女の就職!20代中に就職したほうが良い
「フリーター」の女性と一括りにしても、背景までは一括りにできず。現状でフリーターをしている背景は様々です。
スクールに通っていたり、例えば芸能系に籍を置いていたり、何かしらの理由からあえてフリーターの道を選択している方もいれば、就活をする気になれずに何となくフリーターを続けている方もいます。

後者に該当する方は、20代中に就職したほうが良いです。

フリーター期間が長引けば長引くほど、応募できる企業の枠は狭まりますが20代ならまだまだチャンスが多めです。特にフリーターで正社員経験はないとしても、これまで働いてきた業界と同ジャンルの正社員求人であれば自己PRとして使えることもあります。

「アルバイトは職歴にはならない」と、考えられる場面は確かに0ではありませんが、アルバイトもしっかり社会保険に加入してレギュラーワークで勤めていれば職歴として認められる可能性も高いです。
レギュラーワークとしてアルバイトで働いている方は、その経歴を上手く活用しましょう。現在20代なら充分活用できます!

女性のフリーターの就職でおすすめの就職サイトをまとめてみました。

ハタラクティブ

  • 未経験者OK
  • 正社員成功率80%越え
  • 全ての相談が無料

ハタラクティブ公式サイトは以下からどうぞ。【無料】

ハタラクティブ公式サイト【無料】

以下も無料のウズキャリ公式サイトです。

ウズキャリ

  • ブラック企業は完全排除
  • 無料相談無制限
  • 内定率80%突破!

ウズキャリ就職公式サイト【無料】

独身フリーターで一人暮らしだと末路は悲惨?

独身フリーターで一人暮らしだと末路は悲惨
最近では結婚しない若者が増えているといわれています。

結婚して共働きになれば、とりあえず生活は1人よりは安定感が出ることが多いです。しかし、もし結婚しなかったら・・・フリーターには保証がなにもなく、正社員になるより生涯年収も低いといわれているので、危機感を持つほうが良いかもしれません。

フリーターでも危機感が強い方は、例えば保険会社の年金系の保険に加入していたり、積み立て貯金をしていたりするようですが、それでも生涯年収が正社員より低い分、フリーターでいる年数が長引けば長引くほど将来的には不利になる可能性があります。

親の持ち家があればフリーターでも何とかなる?

親の持ち家があればフリーターでも何とかなる
親の持ち家、財産の金額によってはフリーターでも老後が安泰という可能性はありますが、現代の日本では少数派かもしれません。
また、相続にも税金がかかるので金額によっては注意が必要です。

親の財産をみて、フリーターでいられそうと判断するのも良いかもしれませんが、正直、正社員で働いたうえで財産を引き継ぐほうがお得ではあります。

結婚すれば女だしフリーターでも大丈夫?

結婚すれば女だしフリーターでも大丈夫
「フリーターから正社員になるのは面倒。フリーターを続けても結婚すれば女だし大丈夫?」と、いう考え方もありますが、結婚後の展開はどうであれ問題なのは「相手がいるか」どうかです。

現在、婚約中というなら結婚すれば確かにフリーターも主婦の傍らという経歴にできるので良いですが、これから相手を探すなら相手が見つかり実際に結婚するまで「結婚すれば大丈夫」という前提は、無意味です。

つまり、「自分は結婚するつもりだからフリーターを続けても良い!」という思考は、既に婚約が決まっていて結婚が揺るぎない女性のみがいえることであり、彼氏がいてもいなくても、どうなるかわからない状況なら用意できる選択肢ではありません。

特に年齢を重ねれば重ねるほど男性側も、女性の職業をみるようになりフリーター女性はモテなくなってくるので注意が必要です。

社会保険は正社員と同じ?フリーターにはどんなデメリットがある?

社会保険は正社員と同じ?フリーターにはどんなデメリットがある
フリーターでもレギュラーワークになれば税金が引かれて、その企業の健康保険に加入させてもらえます。
ただし、フリーターの方は大抵の場合、国民年金を自分で支払います。
国民年金だと将来もらえる年金の額が低いです。

それに対し正社員の場合は企業の健康保険と厚生年金の加入が基本。フリーターよりも手厚く保証されます。

フリーターで老後を迎えても資産がたくさんある方にはあまり関係ないですが、資産がたくさんないならフリーター生活のドツボにはまり、老後になってもアルバイトを続けないと生活できないといった苦戦を強いられる可能性が上がります。

国保と税金を引かれるといくら残る?

国保と税金を引かれるといくら残る
フリーターで働いている方の中には、掛け持ちというスタイルの方もいます。
掛け持ちをすると基本的に、それぞれ健康保険加入が必須の時間数を超えない可能性があります。そうなると、自分で健康保険や税金関係を支払わないといけません。

例えば、フリーターの方の多くは総支給で年収200万円程度のようですが、掛け持ちして200万円を稼いだ場合。

税金/保険名 金額
国民健康保険10% 20万円
所得税10% 20万円
住民税10% 20万円
年収から引かれる金額の合計 60万円

200万円から60万円を引いたら残るのは140万円・・・さらにここから国民年金も支払わないといけません。
「フリーターでもそこそこ稼げるよ」という方もいますが、実はフリーターとしての働き方によっては大きく負担になります。
対策としては、掛け持ちにはせずに1つの企業でレギュラーワークとして働けるアルバイトを見つけることです。

保険料等はお給料から引かれますが、全て自分で支払うよりもお得になります。

平均年収300万の暮らしとは?

平均年収300万の暮らしとは
フリーターの中には年収300万円くらい稼ぐ方もいますが、総支給でみたらなかなか豊かそうにみえても、ここから様々なものを引いて、さらに家賃の高い首都圏1人暮らしだと・・・正直、豊かな暮らしはなかなか難しいです。

特に女性は化粧品代、服飾代、美容室、交際費と何かとお金がかかりやすいもの。
同じ年収300万円なら、正社員のほうが引かれる金額もフリーターよりは安い分暮らしは少しグレードアップしやすいです。

また、フリーターと違い、正社員なら昇給しやすいことも魅力です。

フリーターを20年続けても時給は変わらないことが多々ありますが、正社員を20年続けたら年収200万円から500万円くらいにアップする可能性もあります。
そのようなチャンスを含めてフリーターよりも正社員のメリットが大きいです。

フリーターで目標なし・・・これから動くなら何から始めれば良い?

フリーターで目標なし・・・これから動くなら何から始めれば良い
フリーターとして働いている方の中には目標がなくてフリーターをしているという方もいます。
目標がない、やりたい仕事もない。そんな状態から就活に動き出すなら・・・以下の方法を選択しましょう。

就職エージェントやハローワークに足を運ぶ

就職エージェントやハローワークに足を運ぶ
正社員になろうとしたときに、フリーターの方が利用できるツールの基本は以下の3種類。

・就職エージェント
・求人情報サイト
・ハローワーク

この中でも、特に就活のやり方がわからないなら就職エージェントがおすすめです。
就職エージェントでは、登録すると担当者が付いてくれて条件をもとに適した企業の求人を紹介してくれます。

求人情報サイトは、バイト探しの方法としてもお馴染みです。こちらは正社員を目指すときには正社員に特化した求人情報サイトに絞り込むのがおすすめです。

そして、ハローワーク。
ハローワークはフリーターが長い方にも使いやすいです。各都道府県にあり地元就職にも強いです。

この中では、就活のやり方や書類の書き方や面接の受け方がわかる方は求人情報サイト、サポートをたくさんして欲しい方は就職エージェントを意識してみてはいかがでしょうか。

フリーター経歴がとても長い場合は就職エージェントのほうが理解がある企業を最初から紹介してくれる可能性があります。

やりたいことや将来を考えて必要なら学校や通信教育で資格を目指す

やりたいことや将来を考えて必要なら学校や通信教育で資格を目指す
上記のようにとりあえず就活に動き出すという方法以外に取れる方法としては「資格取得」です。
すぐにでも就活を始めたほうが良い状況を除き、フリーターを継続しながら資格取得を目指すのもおすすめです。

資格はもちろん就職に強い資格が良いです。
資格を取っても正社員としての実務経験がないと採用に結びつきづらい資格もあるので、情報収集は肝心です。

お給料にこだわらないのであれば、医療事務あたりはフリーターの女性も、正社員になりやすい資格ではあります。
それから、IT系の資格もきちんと勉強して資格を取得すると難易度が低めのものでもIT系企業に入りやすくなります。

本当に不安が強いなら就職活動&婚活の同時進行もあり

本当に不安が強いなら就職活動&婚活の同時進行もあり
賛否両論はあるものの現在フリーターで正社員職歴が一切なく、さらに年齢が20代後半を迎えているなら就活と並行して婚活を行うのもアリです。
このように書いてしまうと「結婚で逃げようとしている」と、良くない印象に思われてしまう可能性もあるかもしれません。
しかし、実際のところ結婚をして共働きを選択すれば仮にアルバイトという働き方を継続したとしても2人分の収入があるので、現在よりは生活レベルが安定する可能性が高いです。

また、旦那さんの扶養に入るなら総合的に考えて収入を抑えて扶養範囲内で働くほうがメリットが大きいことも。こればかりはフリーターの女性がいくら稼いでいるかにもよりますが、結婚することでこのような対処方法も出てきます。

既に彼氏がいて結婚できそうという女性はらあまり気にしなくて良いですが、問題は現状まったく相手がいない場合です。
残念ながら現代では、男性側も女性の職業や年収をみて相手を選ぶことが増えています。
その中でチャンスを掴むには、とにかく出会いの場に足を運ぶことが大切です。

お笑い芸人の横澤夏子さんは、かなりの回数婚活パーティーに足を運び結婚したと公言していますが、実は多くの女性には同じことが難しいです。理由は、男性への理想の高まりから婚活パーティーには良い相手がいないと判断してしまったり、プライドから何度も足を運ぶのが嫌になったり色々な背景があります。

しかし、本気で将来を考えるならパートナーを見つけるのも検討しましょう。
ということで、とにかく出会いまくることが大切です。
プライドを捨てて「結婚したいから誰か紹介して欲しい」と、信用できる友達や既に結婚している友達に相談してみましょう。

既に結婚している友達に相談というと何だか微妙かもしれませんが、旦那さんの同僚で独身の男性を紹介してくれる可能性があります。

注意!正社員なら絶対安泰というわけではないので情報収集が必要

注意!正社員なら絶対安泰というわけではないので情報収集が必要
フリーターでいることの不安を煽るような内容にはなりましたが、残念ながら正社員なら絶対安泰というわけではないのが現実です。
けっきょく長い目でみたらフリーターでいるのとそんなに変わらない仕事内容のものもあったり、ブラック企業すぎてフリーターのほうが恵まれた生活になったりと現実は色々と厳しめです。

そのような企業を引かずに正社員を目指すなら、就職エージェントで相談するのが手っ取り早いといえます。

どのような働き方、どのような企業なのかによってフリーターが絶対悪いともいえず、正社員が絶対良いともいえないものの、確率でいえば正社員になるのが一番安泰になる可能性が高いです。
情報収集を怠らずに、理想の正社員求人をみつけましょう。

 

まとめ!女のフリーターは卒業するのが高確率で無難

 

今回は、女性のフリーターに視点を当てて詳しくご紹介しました。
女性のフリーターは20代のうちは良くても30代、40代になるとどんどん不安になってきやすいです。
できれば早めに良い求人を見つけて正社員を目指してみてはいかがでしょうか。

【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です