高卒の転職おすすめ成功例と成功率。20代や30代では大手は難しい?

高卒転職おすすめ

日本は国の面積に対し、世界的にみても大学の数が大い国だといわれています。
そういう事情もあって大卒の学歴を持つ方が多くなっています。
大卒以上の学歴がないと受けられない正社員求人の数も多いですが、でも、意外と高卒だからダメというわけではないのも日本の魅力。

ということで、今回の記事では高卒の方の「転職」にフォーカスして解説していきます。

高卒で職歴もなく、自信もないけど、今すぐ就職したい。

そんな方の為に、高卒の就職サイトランキングを作成しました。

全て無料で登録出来、ブラック企業を完全排除したものののみを登録出来るので確認だけしてみた方がいいものばかりです。

この記事を読むにあたってまず最初に転職サイトランキングを以下から確認してから読むと、より記事の事が分かりやすく読めると思います。

既卒のおすすめ就職サイト一覧はこちらを確認。

高卒で転職!フリーターや契約社員から正社員は難しい?

高卒で転職!フリーターや契約社員から正社員は難しい
高卒で転職。一括りにしても、元々正社員の一般職で働いていたところから転職するパターン、元々正社員の専門職で働いていたところから転職するパターン、元々フリーターや契約社員といった正社員ではない立場から転職するパターンと、背景は色々分類できます。

元々正社員で働いていたという方は、同じ職種なら厳しく条件を絞りすぎない限りは転職がスムーズに行く可能性も高いです。
契約社員は業種にもよりますが、雇用形態が契約社員だったことで不利になる可能性はあまりないです。
注意したいのはフリーターから正社員に転職したい場合。
現在の年齢や、状況によっては不利になることもあります。

応募できる企業の数は大卒に比べて少なくなるのは事実ですが、学歴不問の求人に絞り込めば高卒だから学歴で転職に影響を及ぼすということはほとんどありません。
その場合、重視されるのは学歴よりも「職歴」です。

ただし、「これまでフリーター経験しかないから転職は厳しい?」と、諦めてしまう必要もありません。
正社員になったことがない方の転職のコツも後ほどご紹介していきます!

既卒の就活は就職出来ないは嘘。人生終わりなんかじゃない!どうするべき?

高卒で転職は東京や大阪のような都市のほうが有利ってほんと?

高卒で転職は東京や大阪のような都市のほうが有利ってほんと
高卒で転職する場合、東京や大阪のような都市部のほうがたしかに求人数が多いので、求人数=選んで応募できる数と考えるなら東京や大阪のほうが有利だといえます。
しかし、地方でも求人が出ています。地方だと市役所等、何かしらの公的な施設の求人も都市部ほどの応募数がないので、状況次第では都市部よりも就職しやすいこともあります。

地方も地方都市なのか、過疎地域なのかどうかで求人の数は圧倒的に変わりますが、通常、地方に位置する県でも各県の県庁所在地付近の街まで出られるなら求人はあるはずです。
また、20代の若者ほど都会に出たがることが多いので、地方は若者の応募が喜ばれることが多々あります。

もし、現在フリーター経験しかないのであれば、現在住んでいる場所が東京や大阪のような都市部であっても地方の求人を狙ってみるのもアリです。

地方や首都圏のブラック企業を排除した高卒転職ランキングは以下からどうぞ。

高卒転職サイトランキングはこちら【無料】

20代と30代の転職の成功例と成功率。正社員からの転職でも大手は難しい?

20代と30代!正社員からの転職でも大手は難しい
高卒の20代はこれまでに正社員経験があるなら、大手に採用されるチャンスはあります。
大手にも大卒以上しか応募できない部署もあれば、高卒でも応募資格がある部署もあります。きちんと情報収集をしないと各社の応募条件はわからないので、気になる企業があったらホームページから募集要項を確認してみてはいかがでしょうか。
また、後ほどご紹介する就職&転職エージェントを利用することで、担当のアドバイザーから情報収集することも可能です。

高卒の30代で現在正社員。大手に転職を目指したいという場合はこれまでの仕事上での経験や資格によって状況が左右されます。
これまでの経験を活かせるような部署であれば面接まで進める可能性があります。
また、難易度の高いビジネスの資格を持っていると、学歴関係なく有利になることもあります。
30代については通常、自己PRできる経験や資格がないと20代よりも転職の幅は広がりますが、それでもチャンスはあります。

20代だと若くて成長の期待ができることから、ポテンシャルや人柄次第で大手でも転職チャンスはそこそこあり、30代になると社会人としての経験をある程度積んでいることから実績やこれまでの努力次第になってきます。

もちろん、高卒というだけで大卒に応募資格がある求人数より少なくなるので、情報収集。これがまず大切です。

30代40代50代の中高年は仕事がないなんて嘘。やりたい仕事おすすめランキング

資格があったほうが有利?

資格があったほうが有利
高卒で転職するなら資格があったほうが有利です。というか学歴に関わらず、転職するなら資格というのはけっこう応募先企業の人事にみられます。

資格を取得するには勉強する必要があります。また、資格取得を決意して、教材を買って、勉強して取得するという工程があることから、資格を持っていると(それが難易度の高いものであればあるほど)「この人は勉強を継続するだけのモチベーションを保てて、努力もできる」という評価になります。

企業によっては大卒資格よりも、資格に注目するとこともあるようです!

ただし!ビジネスの資格を自己PRに使いたいなら、その資格が活かせる仕事に絞り込みましょう。
その仕事に全然関係ない資格を資格して自己PRに使うと、それはそれで難易度の高いものなら興味を持ってもらえるかもしれませんが、あまり意味がないこともあるので注意です。

高卒で転職を成功させるにはどうしたら良い?

高卒で転職を成功させるにはどうしたら良い
高卒で今よりも条件の良い仕事に転職したい、高卒で大手に行きたいということであれば時に努力も必要ですし、努力しなくても入りやすい企業もあります。
ここでは、大手や給料の良い仕事に転職して今の生活よりも条件アップしたいという方に取れる手段をご紹介します。

語学やビジネスの資格を取得

語学やビジネスの資格を取得
高卒で待遇の良い仕事、給料アップを目指したいなら手っ取り早いのはビジネスの資格を取得することです。
それも目指す企業の難易度が高ければ高いほど、ビジネスの資格も難易度が高いものを取得するべきです。

大卒でしか受けられない資格もたくさんありますが、高卒で受けられる資格もたくさんあります。

例えば司法書士や、行政書士、ファイナンシャルプランナー等。
このような難易度の高い資格=専門的な知識の資格なので、取得するなら転職先もこの資格に関連した仕事にしなければいけません。

また、女性で「お給料」よりもずっと働けるように「手に職」をつけたいという場合であれば、保育士の資格も試験の合格率は低くなるものの通信教育のみで取得することはできます。
MicrosoftのWordやExcelの資格、医療事務の資格も、給料アップや大手の求人での有利さに直接繋がるとはいえませんが、女性で事務職の方の転職には有利に働きやすいです。

そして男性でも女性でもあると強いのが英語の資格。TOEICの点数で自己PRです。
小学校で英語教育が導入されるようになっているので、「英語だけ喋れても将来はそれが当たり前になって全然有利ではなくなる・・・」という説もありますが、現状はほとんどの日本人が英語を喋れないというのが事実!
つまり、今なら充分有利になるというか、英語がペラペラならかなり有利になりやすいです。

女性の場合でも、英語が喋れるとコールセンターのお仕事の時給が上がることもあります(電話だと難しい英語での外国人対応ができることから)

司法書士等の難易度の高い専門職の資格を取得するには、ある程度教材代金が最初にまとまって降りかかりますが、英語はもっと安く勉強しやすいのも魅力です。

どの資格を目指すかは人それぞれですが、いえることは目標に適した資格を取れば、転職は学歴に関係なく有利になりやすいということです。

現職で経験を積む

現職で経験を積む
こちらは高待遇な仕事への転職を目標にしていても準備期間がいる方法になります。
現職で経験を積むということ。まだまだ日本は「1つのことを腰を据えて継続しているか」ということを重視する風潮があるので、現職での経験年数が有利に働くこともあります。

入社した会社を3ヵ月で辞めて退職している人材と、入社した会社を1年~3年後に退職した人材。
どちらもスペックがまったく同じなら、後者の人材を欲しがる企業が多いです。

仕事を継続できる=忍耐力がある=入社後に辞めないで続けてくれるという判断に繋がることがあるからです。
特に転職は初めて正社員になる企業を探す場合と違って、前職を辞めた人材が入社する=何かしらのきっかけで辞めることができる人材が入社するわけなので、企業側としても継続してくれるかどうかは心配な部分でもあります。

「転職しよう!資格の勉強したいし退職して一旦はフリーターになろう!」というのも1つの方法ではありますが、可能であれば正社員として働いているならその仕事は続けつつ、資格でスキルアップを目指して少しずつ勉強しつつ、現職の経験を積むというのもアリです。

これは、現職の職種や状況によっても変わってくるので「どうするべきか悩む」という方は1人で結論を出さずに周りに相談してみるのがおすすめです。

高卒の転職は年齢によっては難易度が上がるのでタイミング重視!

高卒の転職は年齢によっては難易度が上がるのでタイミング重視!
上記で解説したことも大切。
ただし、高卒の転職での注意点は「年齢」です。
というか高卒に限らず年齢というのは日本ではまだまだ重視される傾向にあります。

例えばシニア層でも、現在は積極的に雇用する風潮になってきていますが「現職よりも高待遇」ということを重視するなら、年齢も考えなければいけません。
年齢によっては転職準備に期間をかけて先延ばしにするよりも、早急に動き出してみたほうが良いこともあります。

転職活動はきちんとした求人情報サイトや就職&転職エージェントを利用すれば現職の企業や同僚たちにはバレずに行うことができるので、現職は現職で頑張りつつ、こっそり転職活動をして様子をみてみるのもアリです。

高卒で転職できる稼げる仕事って?

高卒で転職できる稼げる仕事って
高卒で転職できて、収入アップにも期待できる仕事といえばまずオフィスワーカーの営業職です。
営業職の中には成績によってインセンティブが入る仕事や、成績によってボーナスがどんどんアップするものもあるので、高収入を目指している方で人と喋るのが好きな方にはおすすめです。

営業職は基本的にビジネス系の資格の有無が関係ない仕事が多いです。
中には専門知識や専門資格がないと勤められないいきまりになっている営業職もありますが、専門的な分野に関わなければ資格が関係ない営業職はたくさんあります。

営業職以外で高収入な仕事といえば、資格を取得しての専門職です。

高卒で語学ができなくても海外の企業に転職できる?

高卒で語学ができなくても海外の企業に転職できる?
高卒で語学ができないけど、海外の企業に挑戦してみたいという方もいるかもしれませんね。
海外の企業への就職。高卒でも語学ができなくても可能です。

ただし、その場合はヨーロッパやアメリカでの就業はかなり難しいです。もし、その地域で求人があってもレストランのアルバイトや雑用等の仕事なのでワーキングホリデーみたいなものを経験してみたい方を除いては「それなら日本で働いたほうが良い」と感じるのが一般的です。

高卒で語学ができない方にチャンスがある海外転職の場は、マレーシア、タイあたりの東南アジアです。
マレーシアやタイに絞ってしっかりと求人を探せば日本語しかわからなくても就職できる求人が多数出ています。
多いのはコールセンターや、日系レストランの社員です。
入社後に語学も頑張る意志があるなら、応募時には語学不要と条件に記載している企業も多々あります。

「海外就職ってヨーロッパやアメリカを除けば意外に簡単にできるんだ~」と、喜ぶ方もいますが、確認しておくべきは給料と将来性です。
海外就職の落とし穴ですが、語学ができなくてもOKな仕事は給料が現地基準なことがあります。
それでも物価が安い国なら、プールが付いているような高級マンション、ガードマン付きのマンションに暮らせることが多いですが、いつか日本に帰ることを検討しているなら、日本円に換算したときの貯金計画も考えておくようにしましょう。

職務の内容によっては後々日本で就職しようと思っても、あまり実績もできていないため、生活水準を考えると帰るに帰れない気持ちになる方もいます。
海外就職が憧れという方は多いです。語学不問、学歴不問の仕事もあります。しかし「お給料」「将来性」これだけは必ず確認したうえで、本当にするべきか考えるようにしましょう。

19歳~20代前半で1、2年の留学感覚(語学の学習ができる環境になるということもあり)で行くなら良いのではないでしょうか。

高卒の転職でおすすめの求人情報サイト&エージェント

高卒の転職でおすすめの求人情報サイト&エージェント
日本での転職に話を戻して、以下では日本での転職でおすすめの求人情報サイトと就職&転職エージェントをピックアップしてご紹介します。

以下でご紹介するところは、フリーターしか経験のない方でも利用することができ、情報収集しやすくなります!

リクナビNEXT

リクナビNEXT
正社員案件に特化した求人情報サイトです。
求人情報サイトなので、掲載している求人数が全国各地で多く、地方在住で近隣に就職&転職エージェントがない方や、自分で求人を検索してマイペースに転職活動を進めたい方におすすめです。

きちんと情報登録しておけば、高卒でも関係なく企業側からオファーがくることもあります。

就職&転職エージェントだと、20代の若者を対象にしているところが多いですが、リクナビNEXTは求人情報サイトということもあり何歳であっても利用しやすいという特徴を持ちます。

無料でチェック!リクナビネクストは以下からどうぞ。

リクナビネクスト公式サイトはこちら

リクナビ就職エージェントの評判。アプリで就活ができて便利。電話面談もできるって本当?

ハタラクティブ

ハタラクティブ
20代の若年層に向けた第二新卒、既卒向けの就職&転職エージェントです。
担当のアドバイザーが付いて、書類添削、面接対策といった転職活動のサポートもしてくれます。
親身になってサポートしてくれるので、転職活動にあたりサポートが必要という方におすすめです。

第二新卒、と20代の既卒に向けた就職&転職エージェントということもあり、20代前半までの高卒の方におすすめです。

無料のサイトは以下からどうぞ。

ハタラクティブ公式サイトはこちら

ハタラクティブの求人の評判とは?ニートにもカウンセリングでは優しい!

ジェイック

ジェイック
20代の若年層に向けた第二新卒、既卒向けの就職&転職エージェントです。
こちらも担当者が付いてくれて、求人紹介をしてくれます。
ジェイックの場合は書類選考なしで、紹介してもらった企業の面接を受けられるという強みがあります。書類選考に自信がない方でも安心です。

また、ジェイックは女性の求職者へのサポートを徹底していて、女性向けのカテゴリーがあります。女性でスキルアップしながら転職を目指したい方におすすめです。

無料で登録出来るジェイック公式サイトは以下からどうぞ。

ジェイック公式サイトはこちら

社会人マナーの基礎研修や面接対策も行っています。

ジェイックの評判ってどうよ。女性でも使える?費用や料金は〇〇

就職.com

就職.com
就職.comは担当者が丁寧に対応してくれる就職&転職エージェントです。
セミナー等も実施しているので、転職活動を決めたけど何から始めるべきかわからない方におすすめです。

いい就職.com公式サイトはこちら

いい就職.comの評判と流れ!高卒や年齢が30代やニートでも利用出来る!

女性の高卒で転職ならどんなとこがおすすめ?

女性の高卒で転職ならどんなとこがおすすめ?
女性の転職なら、就職&転職エージェントはジェイックがおすすめです。
女性の求職者に特化したカテゴリーを用意している就職&転職エージェントはそう数はないからです。

女性の高卒で転職をする職種については、アパレル、エステ、一般事務、医療事務、調剤薬局事務、カフェスタッフ等が人気があります。
アパレルやエステやカフェスタッフは、女性の正社員を積極的に採用しているところも多いですが、体力仕事な部分もあります。ただ、人と関わるのが好きなら向いています。
カフェスタッフについては、調理にも携わるところなら継続年数によっては調理師(手に職)の資格取得の機会も出てきます。

一般事務ならMicrosoftのWordやExcelの資格があると有利。
医療事務ならお給料自体は低めという現実はありますが、求人数が多く何歳になっても復帰しやすいというメリットがあります。
調剤薬局事務もお給料自体は低めですが、注目され始めた資格で、高齢化社会の今事務職の中では手に職要素があります。

 

まとめ!高卒で転職するなら待遇アップを目指そう!

 

今回の記事では、高卒の転職について視点を当てて詳しくご紹介しました。
大卒の学歴を持つ方が多くなっているのが現実、学歴が高卒だと確かに不利になる場面もあります。しかし、高卒でも頑張れば高待遇の仕事に転職するチャンスはあります。

これから転職をするなら、資格取得を目指したり、実績を作ったり。または、とりあえず早めに転職したいということであれば就職&転職エージェントや求人情報サイトを活用した情報収集が肝心になってきます。
しっかり準備して、理想の転職を目指していきましょう!

【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です