adhdの転職。不利じゃない相談すれば成功する転職

ADHDの場合は、その特性から一般的な企業で仕事を行う際に何かと上手くいかないケースが多く、転職を検討するにしても何かと不安に感じしてまう方もいるのではないでしょうか?

今回はそんなADHDの方が転職を成功させるために知っておきたい「ADHDに向いている・向いていない職業」についてや、コツなどについて紹介していきたいと思います。

目次でざっくりチェック

ADHDである場合は転職するうえで不利なのか?

そもそもADHDとは?

まずADHDというのはそもそも何なのでしょうか?
ADHD(Attention Deficit Hyperactivity Disorder)というのは脳の機能障害の一つであり、症状としては主に下記の3つがあります。

症状 詳細
多動性 ・貧乏ゆすりなど目的のない動きをする
・落ち着きがない
不注意
(注意欠陥)
・ミスが多い
・忘れ物やなくしものが多い
・時間管理があまりできない
・仕事などで優先順位を付けて作業するのが苦手
衝動性 ・思ったことをすぐ口にするなど衝動的に行動してしまう

多動性症状

多動性症状は身体や思考が常に多動していて落ち着かないという症状です。

職場であれば会議中に机を叩いたり貧乏ゆすりをするのをやめられなかったりと、常にそわそわしてしまったりします。

また話をはじめると止まらなくなったり、一方的に自分のことばかり話してしまうことから、コミュニケーションの面でも多少の問題が生じてしまう可能性が考えられます。

不注意症状

不注意症状は注意が欠如していることにより起こる症状です。

具体的な症状としては、仕事などに集中できなかったり、ケアレスミスをよく起こしたりします。

また忘れ物をが多かったり、スケージュール管理が苦手だったりもすることから、仕事をするうえでも何かとトラブルが起きてしまうこともしばしばあります。

そして人の話を集中して聞くことができないため、この症状においてもコミュニケーションが上手く取れない原因になります。

衝動性症状

衝動性症状は自らの思考を整理できずに、突発的に行動してしまう症状です。

具体的な症状としては、会議中などに自分の思ったことをそのまま言ってしまったり、大事なことでも周囲に相談せず独断で決めて実行してしまったりするといったことなどがあります。

またちょっとしたことでも怒ってしまったり、衝動的に人を傷つけるような発言をしたりすることから、人間関係においてもトラブルに発展してしまうこともしばしばあるようです。

ADHDである場合はその特性故に転職を繰り返すケースが多い

ADHDである場合は以上のような症状により、仕事をする上でも様々な支障をきたしたり、人間関係においても悪影響を及ぼすことが考えられます。

当人が怠けていなくても仕事でミスをしたり中々結果が出せなかったり、悪気がなくても人間関係が悪化してしまいます。

そして周囲の理解も得られないことから、職場でも孤立してしまい何度も転職を繰り返すというケースも多いのです。

結局ADHDだと転職に成功しにくいのか?

ADHDである場合は、その症状により努力をしていたとしても仕事や人間関係を構築していくうえではハンディキャップとなり得ることから、例え転職したとしてもその新しい職場で長続きしないことも多々考えられます。

そのためADHDであれば、その特性上から基本的に転職には成功しにくいと言えるでしょう。

しかしADHDの場合はADHDのならではの強みというものがあり、その中にはADHDに向いているとされる職業もあります。

つまりADHDで悩んでいる方でも、ADHDに適した職種であり自分の強みが活かせそうな仕事をきちんと選ぶことで、転職に成功することも十分に可能です!

それではADHDに適した仕事というのは、具体的にはどういった職業が挙げられるのでしょうか?

ADHDである場合に向いているのはどんな仕事・転職先は?

ADHDである場合は、過去の研究結果から主に下記のような長所があるとされています。

  • 好奇心が強くて挑戦好きである
  • あらゆる感覚に敏感である
  • 興味があることに対しては異常な集中力を発揮する
  • 享楽的である
  • クリエイティブである
  • 広く薄い人間関係より狭くて濃い人間関係を求める
  • 合理的で公平な関係を求める

こうした長所から、ADHDに適しているとされる職業は、具体的には主に下記のものがあります。

  • デザイナー系
  • エンジニア・プログラマー系
  • メディア系
  • アーティスト系
  • 好きなことに特化した仕事

デザイナー系

独創性があり、中には色彩感覚にも優れているケースもあるという理由から、適性があればADHDはデザイナー系の仕事が向いていると言われています。

デザイナー系の仕事には主に下記のものがあります。

  • Webデザイナー
  • クリエイター
  • イラストレーター
  • CGアニメーター
  • インテリアデザイナー


中でもWebデザイナーは、フレックスタイム制やフリーランスで比較的自由に働けたりするところも多いので、ADHDの方には相性が良いとされています。

エンジニア・プログラマー系

ADHDである場合は、論理的思考力に優れている傾向にあることから、そういった能力が活かされるようなエンジニア・プログラマー系の仕事が向いているとされています。

エンジニア・プログラマー系の仕事の中でも、ADHDに向いている仕事としては主に下記の2つがよく挙げられていますね。

  • Webエンジニア
  • ゲームのプログラマー

ADHDの「興味があることに対しては異常な集中力を発揮する」という特徴上、こうした分野に関心があればどんどんスキルアップし市場価値を高めていくことも可能です。

メディア系

発想の豊かさや興味のあるジャンルにのめりこみがちであるということから、ADHDは情報発信系・メディア系の仕事も向いていると言われています。

中でもADHD向きのメディア系の仕事には主に下記のものがあります。

  • ライター
  • カメラマン
  • 編集者
  • テレビ関係

これらはADHDの能力に則しており、ADHDが苦手とするマルチタスクをあまり必要としないことからも良いと言われています。

ただ編集者やテレビ関係といったの仕事は、マルチタスクが必要となるため、転職先として検討する際は注意しておきたいですね。

アーティスト系

独創性のあるアイデアを生み出せることから、適性があればアーティスト系の仕事もADHDには向いていると言われています。

アーティスト系の仕事には主に下記のものがあります。

  • 画家
  • 作家
  • ミュージシャン
  • 漫画家
  • 俳優(女優)
  • 声優
  • スタイリスト
  • メイクアップアーティスト
  • 建築家
  • 書道家

興味があったりそのセンスに自信があるのであれば、まずは趣味の範疇から試してみると良いかもしれません。

好きなことに特化した仕事

その他ADHDに向いている職業としては、「好きなことに特化した仕事」が適職だとも言われています。

具体的には下記のような職業が当てはまります。

  • 研究者
  • 学者
  • 調理師
  • スポーツ選手
  • プロゲーマー
  • 自動車整備士
  • 警察官
  • 消防士
  • スポーツインストラクター

この中でピンときたものがあれば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

YouTuberはADHDには向いているのか?

新しい職業として現在では広く認知されている「YouTuber」ですが、今後5Gが普及することでその業界は更に盛り上がるとも言われており注目されています。

ちなみにこの界隈ではADHDの方が多いとも言われていますが、果たしてADHDである場合はこのYouTuberという職業は向いているのでしょうか?

ADHDの場合で発想力があったり、興味のある分野があって更にそのジャンルで専門性の高い知識が豊富であれば、独自性があり質の高い動画コンテンツを作れることが期待できることから、YouTuberに向いているとも言われています。

現にYouTuberの中でもADHDを公言していたり、そうだと思われる方は多いですし、ADHD向きだとされるクリエイティブな職業ではあるので、発想力(企画力)やマニアックな知識がある場合は、YouTuberデビューしてみるのも良いかもしれません。

逆にADHDである場合に向いていない仕事・転職先は?

ADHDの症状で挙げた通り、ADHDは主に下記のことが苦手です。

  • 集中し続けること(特に興味のないこと)が苦手
  • 複数の事を同時に行うこと(マルチタスク)が苦手
  • チームで仕事を進めることが苦手
  • 優先順位を付けることが苦手
  • スケジュール管理が苦手
  • 納期など締め切りに合わせるのが苦手

こうしたことから、ADHDである場合は下記のような仕事はあまり向いていません。

  • ミスが許されない仕事
  • マルチタスクが必要な仕事
  • コミュニケーション能力が必要な仕事
  • 単純すぎる仕事
  • スケジュール管理が必要な仕事

転職先でもこういった仕事を選んでしまった場合は、業務や人間関係などにおいて色々と問題が生じる可能性が考えられるため、なるべく避けておいた方が良いでしょう。

ミスが許されない仕事

ADHDである場合は、ケアレスミスが多いとされることから、基本的にミスが許されない仕事に関しては転職先として選ばない方が良いでしょう。

ちなみにミスが許されないような仕事としては、主に下記の職業があります。

  • 医者
  • 看護師
  • パイロット
  • 運転手
  • 弁護士
  • 秘書

こういった仕事においてはミス一つで最悪の事態を招いてしまう恐れがあるので、避けておいた方が良いですね。

マルチタスクが必要な仕事

またADHDである場合は、複数の作業を同時進行で行わなければならないようなマルチタスクが必要な仕事も適していません。

マルチタスクが必要な仕事としては、主に下記の職業があります。

  • 事務
  • 経理
  • 総務
  • 金融
  • 保険
  • 接客業
  • 通訳

ADHDであれば別の仕事が入ることで、ついそちらの方に注力してしまい、それまでに行っていたタスクを忘れてしまう傾向にあります。

そして最優先すべき作業から取り組めなかったりするため、マルチタスクが必要な仕事を行ううえで中々効率的に進めることができません。

そうしたことから、上記のようなマルチタスクが必要な仕事は避けておくと良いでしょう。

コミュニケーション能力が必要な仕事

コミュニケーション能力が必要な仕事も、コミュニケーションが苦手なADHDの方はおすすめできません。

コミュニケーション能力必要な仕事としては、主に下記の職業があります。

  • 営業
  • 接客業
  • 教師
  • 講師
  • 記者

こうした仕事では特にコミュニケーションスキルがある程度高くなければなりません。

そのためコミュニケーションが苦手なADHDの方がこうした仕事を行うとなると、人間関係に摩擦が生じてしまい、悪ければ精神障害を引き起こすことにもなり兼ねません。

単純すぎる仕事

ADHDは集中力が持続しにくく、興味のないことだと注意散漫になりがちであることから、ミスが多くなると考えられるので、単純すぎる作業を長時間行うような仕事は向きません。

こうした単純すぎる仕事には、主に下記の職業があります。

  • 工場での単調な繰り返し作業

ただコミュニケーションを苦手としている場合で、単調作業でも苦にならないようであれば、工場などでの単純作業も向いていると言えるでしょう。

スケジュール管理が必要な仕事

ADHDである場合はスケジュール管理が苦手なため、スケジュール管理が求められる仕事も向いていません。

スケジュール管理が必要な仕事としては、主に下記の職業があります。

  • マネージャー
  • 秘書
  • 事務職
  • 営業

ADHDの方がもし仮にこうした仕事に就いた場合、予定時間に遅れてしまったりすることが多々考えられるます。

そのためこうした時間管理が必要な仕事に転職するのもやめておいた方が良いでしょう。

ADHDである場合の転職に成功するためのコツは?

ADHDの方が転職に成功させるコツとして、主に下記のポイントを抑えておくと良いでしょう。

  • ADHDに向いている仕事を選ぶ
  • エージェントに転職相談する
  • 職種によってはスキルを身に着けておく
  • 人と関るのが苦手ならフリーランスもあり

ADHDに向いている仕事を選ぶ

まずADHDの方が転職を成功させるうえで心掛けておきたいのが、ADHDの長所が活かせるような仕事を選ぶということです。

ADHDに向いている仕事に関しては、上記でも触れていますが、まとめると下記の職業が挙げられます。

職種 仕事
デザイナー系 ・Webデザイナー
・クリエイター
・イラストレーター
・CGアニメーター
・インテリアデザイナー
など
エンジニア・プログラマー系 ・Webエンジニア
・ゲームのプログラマー
など
メディア系 ・ライター
・カメラマン
・編集者
・テレビ関係
アーティスト系 ・画家
・作家
・ミュージシャン
・漫画家
・俳優(女優)
・声優
・スタイリスト
・メイクアップアーティスト
・建築家
・書道家
など
好きなことに特化した仕事 ・YouTuber
・研究者
・学者
・調理師
・スポーツ選手
・プロゲーマー
・自動車整備士
・警察官
・消防士
・スポーツインストラクター
など

ADHD向けの職業でも様々なものがありますが、とりあえず自分の強みが発揮できそうな仕事を選ぶと良いでしょう。

逆に転職に失敗しないようにするためにも、下記のようなADHDの短所が仇となるような職業は選ばないようにしておくと良いでしょう。

職種 仕事
ミスが許されない仕事 ・医者
・看護師
・パイロット
・運転手
・弁護士
・秘書
など
マルチタスクが必要な仕事 ・事務
・経理
・総務
・金融
・保険
・接客業
・通訳
など
コミュニケーション能力が必要な仕事 ・営業
・接客業
・教師
・講師
・記者
など
単純すぎる仕事 ・工場での単調な繰り返し作業
など
スケジュール管理が必要な仕事 ・マネージャー
・秘書
・事務職
・営業
など

エージェントに転職相談する

転職したい仕事がある程度絞れたら、転職エージェントに相談すると良いでしょう。

転職エージェントでは、転職相談に乗ってくれるのはもちろん、下記のサポートもすべて行ってくれます。

  • 個人に合った仕事を紹介してくれる
  • 履歴書の書き方のアドバイス・添削をしてくれる
  • 面接対策を指導してくれる
  • 内定後も給与交渉などをしてくれる

このように転職エージェントを使うことで、自分以外の客観的(アドバイザー)視点で自身の適職を見極めてもらったり、転職をするうえで必要なことについて様々なアドバイスを受けられることから、転職を成功させやすくすることができます。

また上記のような様々なことを自分でやるとなると、ADHDであるならばかなり難しい部分もあるので、ADHDであれば尚更転職エージェントを利用するのがおすすめです。

なお転職エージェントには複数登録しておくことで、より多くの求人を紹介してもらったり、自分に合った優秀なキャリアアドバイザーに出会いやすくなります。

そのため転職エージェントに登録する際は、1社だけではなく複数登録しておくと良いでしょう。

職種によってはスキルを身に着けておく

WebデザイナーやWebエンジニアなど、転職する職種によってはスキルがあることで内定をもらいやすくなります。

そのためこういった職業に就職する場合は、その仕事に応じたスキルを事前に身に着けておくことで転職が成功しやすくなるでしょう。

ちなみにWebデザイナーであれば、HTML/CSS/フォトショップ/イラストレーターのスキル、Webエンジニアならば各種プログラミングスキルを、動画サイトや書籍・学習口座・スクールなどで学ぶと良いですね。

人と関るのが苦手ならフリーランスで活動するのもあり

一般的な企業に就職するのであれば、転職エージェントなどを利用することで内定しやすくなったりするわけですが、そもそも人と関るのが苦手だというのであれば、フリーランスとして活動するのも手です。

フリーランスであれば職場に勤めることなく在宅勤務も可能であるため、人とのコミュニケーションが不得意である場合はもちろん、ADHDの方にはありがちな「毎朝決まった時間に通勤する」ということなどが苦痛である場合にもおすすめです。

なおフリーランスになるためには、企業で実務経験を積んでから活動し始めるのが一般的ですが、その仕事に必要なスキルを独学で身に着けたうえでクラウドソーシングサイトを利用することで、企業での実務経験がなくても仕事を獲得できる可能性があります。

この場合はスキルをアピールするためのポートフォリオを充実させておけば、よりクラウドソーシングサイトで仕事を獲得しやすくなるうえに、収入アップも期待できます。

そのため人間関係が苦手であれば、こういった手順で仕事を獲得してフリーランスとして活動するのも良いのでしょう。

ADHDの方向けの転職支援サイト・エージェント

転職活動をするうえで非常に役立つ転職支援サイトやエージェントですが、ADHDの方が利用する場合はADHDの方向けの転職支援を受けられるようなサービスがおすすめです。

こういったADHDの方向けの転職支援サイト・エージェントとしては、主に下記のものがあります。

  • ランスタッド
  • ソーシャル・パートナーズ
  • at GP(アットジーピー)
  • dodaチャレンジ
  • リクルートエージェント
  • ワークポート

ADHDの方向け転職支援サイト「ランスタッド」

ランスタッドは、首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)を中心に展開している、障がい者やADHDの方などの転職や雇用に特化したエージェントサービスです。

障がい者向け転職支援サービスとしては大手であり、求人数も豊富でハイクラスなものも多く取り扱われています。

そのため首都圏(東京、埼玉、千葉、神奈川)に住んでいる場合で、ADHD向けの転職エージェントサービスを探しているのであれば、ぜひおすすめです。

職種別で専門的に支援が受けられる「ソーシャル・パートナーズ」

ソーシャル・パートナーズ(Spring転職エージェント)は、世界で最も規模が大きい総合人材サービスAdcco(アデコ)が運営する障がい者(ADHD)向けの転職エージェントサービスです。

業界内でも最大級の規模を誇り信頼できることから、基本的に求人の質に関しても良いです。

またソーシャル・パートナーズの場合は、希望の職種によりその業種に精通しているキャリアコンサルタントが担当に付いて支援を行うため、適職に付ける可能性を高めたり内定後の離職率が下がることも期待されます。

自分に合った職業・転職先で着実に転職を成功させたいような場合に良いのではないでしょうか?

障がい者の就職支援に特化した「at GP(アットジーピー)」

at GP(アットジーピー)は、障がい者(ADHD)の支援に特化しており、業界でも求人数が大変豊富でその質に関しても良いエージェントです。

また他のエージェントと比べても面接対策が充実していたり、地方での求人も多く住んでいる場所によらずどこからでも利用できるのがメリットです。

大手への転職実績も豊富な「dodaチャレンジ」

dodaチャレンジも、業界では大手のトップクラスの障がい者(ADHD)向けの転職エージェントサービスであり、求人数や質が充実しており、大手企業への転職実績が多いことが魅力的です。

また身体障害・発達障害・精神障害など障害別にサポートしれくれますし、住んでいる地域に関わらず全国どこでも利用できます。

ただ地方での求人数は少ないようですが、大手企業への転職などを検討しているのであれば、dodaチャレンジを利用してみると良いのではないでしょうか?

業界最大手・IT求人豊富な「リクルートエージェント」

リクルートエージェントは、業界最大手の老舗転職エージェントです。

リクルートエージェントでは、ADHDである場合でも支援を受けることができますし、IT求人も豊富であることから、IT系の仕事に転職したい場合におすすめです。

ただ障がい者(ADHD)向けに特化したような転職エージェントサービスというわけではないため、比較的軽度のADHDであるというような場合に適しているのかもしれません。

IT系に強く未経験OK求人も多い「ワークポート」

ワークポートはADHD向きのIT業界に強い転職エージェントです。

そのためADHDである場合で、そういった業界に就きたいのであれば、良い企業に転職できる可能性が高まるでしょう。

ただしここもリクルートエージェントと同様に障がい者(ADHD)向けに特化したような転職エージェントサービスというわけではありません。

給料をあげたいならマイナビ

年代別に最適な求人をバックアップ。書類の確認もしてくれます
書類も面接もうまくいかないそんな人にはバックアップのあるマイナビ
労働時間同じで給料は2倍へあげよう
マイナビの無料登録は以下からどうぞ。

【無料】マイナビエージェント登録はこちら




徹底的なブラック企業の排除の就職サイト

書類通過率はなんと80%越え、大手企業や優良企業のみで厳格な審査により、ブラック企業の排除
約10万件の求人を見るだけでもok
30秒で年収を300万円あげたいならdodaをご確認下さい
>年収1000万越えを期待。dodaはこちら

doda



未経験ok5000 件以上

就職成功者5000人以上
30秒でお試し30秒で無料登録
未経験で就職したいなら第二新卒エージェントNEOがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!第二新卒エージェントNEOはこちら



土日休みで正社員雇用率80%越え

関東周辺にお住まいの今年中に就職したい方におすすめ
30秒でお試し登録
未経験で就職したいならハタラクティブがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!ハタラクティブはこちら
ハタラクティブ


【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です