なくならない仕事一覧。コロナ以降どうなるか。将来安泰

新型コロナウィルス感染拡大により日本社会の常識は大きく変化を遂げました。

これまで安定と言われていた企業の業績が悪化したり、倒産した企業が出てきたり。インバウンドで潤っていた観光業界が大幅に赤字に転落したり。

こんな大変な時代に就活や転職に直面している方は、応募する業種や職種をどうするか頭を抱えているのではないでしょうか。
そこで今回は、新型コロナウィルス感染拡大後も無くならない仕事、安定を目指しやすい仕事をピックアップしてご紹介します。

(※業種や職種が無くならなくても企業により経営状況は様々なので、応募時には応募先についても調べるようにすると安心です)

なくならない仕事のこれまでのイメージ

なくならない仕事のこれまでのイメージといえば、大企業のメーカーだったり、医療・医薬・介護が強かったのではないでしょうか。

  • 大手であること
  • 生活と切っても切れない業種であること

この2つの条件が揃っていると安泰といわれてきました。

就職氷河期を経て『大手だからといって永久に雇用してもらえるとは限らない』という認識が浸透し、昔と比べると大手神話も無くなっていたものの、やはりみんなどこかで『日本トップクラスの大企業たちなら安泰&なくならない』というイメージはあったのではないでしょうか。

大手企業のほとんども、それから医療・医薬・介護業界も、新型コロナウィルス感染拡大後に無くなることはないでしょう。
ただ、企業や施設によっては新型コロナウィルス感染拡大のせいで採用を一時停止するくらい、対策が必要になる状況に陥っているところもあります。

コロナの時代は、漠然と潤っている業界や業種で選ぶというより、その企業、施設の情報や状況をこれまで以上に調べて選んでいかないと、就活・転職活動の波に乗り遅れてしまうのです。

コロナ以降は変わってしまう?

新型コロナウィルス感染拡大により大打撃を受けたのが飲食業界とエンタメ業界と観光業界です。
生活と切っても切り離せない業界と違って、『我慢することもできる』ものを商品にしている業界は厳しい状況です。

外出自粛ムードでは娯楽のために外出する層に冷たい視線が向けられたこともあり、より苦境に立たされた業界になりました。

飲食店はどうしてもマスクを外して食事をすることや、密になる店舗もあることから来客が減りました。
⇒その代わりテイクアウト販売を開始して利益を確保することに成功した飲食店もあります。

エンタメ業界は大規模なイベントなどができない他、カラオケやネットカフェも自粛ムードになり経営面で影響を受けてしまいました。
⇒企業によってはオンラインでイベントを行ったり、カラオケやネットカフェも臨時休業して対策し静観するなど、それぞれができる対応をしました。

観光業界はインバウンドがないため苦境に立たされていますが、状況が落ち着いてきたら国内旅行の案件を充実させるなどして生き残りを図るでしょう。

飲食店、エンタメや娯楽を提供する業界については、今後様々なビジネスプランを新たに打ち立てていくでしょう。
これらの業界においては、これまで『無難に売れていた』やり方は、新型コロナウィルス感染拡大により通用しなくなりました。

新しい時代の新しいやり方でビジネスを展開していくことにより『生き残る企業』も出れば、変化に適応できない企業も出てくると予想されます。

気を付けたいのが、新型コロナウィルス感染拡大により苦境に立たされている業界だからといって、決してそこに属する全ての企業がダメになるわけではありません。
自分の夢がその業界で、そこに就職したい転職したい気持ちがあるなら、(状況や自分の経済状況が許す限り)応募候補として検討してみるのもありです。

コロナに強い業界・業種・職種について

新型コロナウィルス感染拡大の時代でも強い業界・業種・職種について確認していきましょう。

※あくまでも『強い』というだけで、その業界に属する企業の経営状況は様々です。
就職や転職活動を行う際には『業界が強いから』だけでは決めずに、1つ1つ応募候補の企業を見ていくようにしましょう。

■新型コロナウィルス感染拡大の時代でも強い業界・業種・職種について■

  • EC・通販業界関連のスタッフ
  • WEBマーケティング
  • WEBデザイナー
  • WEB広告関連事業
  • スーパー&ドラッグストアなどの販売員
  • ドライバー
  • デリバリー
  • 食品メーカー
  • オンライン教材や指導系ビジネス
  • ビルメンテナンス
  • 土木関係(建物や観光地の補修など)
  • 医療業界
  • 薬品業界
  • 介護業界

EC・通販業界関連のスタッフ

巣ごもり増加により通販業界は利益を増やした企業がたくさんあります。

Amazonや書店の通販、食品の通販、衣服の通販などなど。
通販で希望の商品を自宅に届けてもらう楽さに慣れた層が増えたことから、今後も手堅く成長していく業界でしょう。

WEBマーケティング

WEBマーケティング業界は今後も成長に期待できます。

ちなみにWEBマーケティングとはインターネット上での商品やサービスのマーケティング・・・つまり商品を売るために消費者にアピールしたり消費者の中での知名度を高めさせたりするお仕事。

巣ごもりでスマホやパソコンを長時間使うユーザーが増えたということで・・・

この業界も伸びる企業はグッと伸びていくでしょう。

WEBデザイナー

WEBサイトをデザインするWEBデザイナー。巣ごもりによりネットを見る時間が長時間化した人が多いことから、WEBサイトのデザインについても注目されています。

元々競争が激しく厳しい業界といわれているので、WEBデザイナーの需要が高まったからといってこれから新規で参入しやすい業界とはいえませんが・・・

ますます成長に期待できます。

WEB広告関連事業

WEB広告関連事業・・・WEBに広告を出したりWEB広告から集客サポートをしたりするビジネスを専門に行う業界です。

お家で過ごす=テレビを見るかネットをするかという層は多いので、WEBでの広告は今後も規模を拡大するでしょう。
通販サイトを利用する層、電子書籍サイトを利用する層も増えているので、WEBでの広告の勢いは伸びています。

スーパー&ドラッグストアなどの販売員

外出自粛ムードにより巣ごもりが増え、自宅で食事を作る層が一気に増えました。
それにより食材需要が増加、スーパーも混雑。そしてマスクや衛生用品の買い出しや一部食品の買い出しのためにドラッグストアも業界の全体的に利益が増加しています。

反面、ストレスを溜め込んだ顧客からのクレームで精神的に追い詰められる従業員もいるなど、肉体的ではない面でキツイ仕事というイメージも新たに定着してしまいました。

正社員の案件になるとスーパーもドラッグストアも多いとはいえませんが、新型コロナウィルス感染拡大期間でも継続してバイトを募集している店舗は比較的多く、とりあえずつなぎのバイトをしたい方やパートやバイト収入が途絶えた主婦・主夫層にはありがたい職種ではないでしょうか。

ドライバー

ドライバーの需要は新型コロナウィルス感染拡大によって一気に増えました。
長距離のトラックドライバーなどたくさんの荷物を運ぶジャンルだけでなく、ネットスーパーの配送スタッフ(顧客が注文した商品を店頭で確保して、指定日時に顧客の自宅まで配送する仕事)や、飲食店のデリバリー、お弁当のデリバリースタッフなど。

社用のボックスカーや小型トラック、自家用車などで小規模の商品を運ぶドライバー案件も増えています。

これまで決して就職・転職希望者から人気のあった仕事ではありませんが、需要増加と共に新型コロナウィルス感染拡大で影響を受けた層からの求人応募率は全体的に高まっているようです。

ただし、ネットスーパーの配送スタッフやデリバリーのスタッフは新型コロナウィルスの収束により需要が減っていく可能性もあります。

デリバリー

車を使うデリバリー案件は車の免許を持っていないとできませんが、ウーバーイーツのような自転車でできるデリバリーのお仕事は、車の免許がなくてもOK!
ということで働ける層が拡大します。

新型コロナウィルス感染拡大によりウーバーイーツはかなり需要が増えているようですが、直接雇用(バイトや正社員)という形態ではなく、個人事業主として働く形になるので、事故時の保険や働き方については自分で考えなければいけない部分もあります。

すぐにできる、自分でシフトを決められる

というのは大きなメリットです。

体力がある層や、隙間時間に副業でやりたい層には魅力的なお仕事なので、注目です。

食品メーカー

食品は生活に切っても切れないものなので、今までもこれからも、どんな時代になってもなくならない業界でしょう。

新型コロナウィルス感染拡大による巣ごもりで利益を上げた企業もありますが、人気の大企業になればなるほど就活・転職活動の難易度は上がります。

大手ゲーム会社

ゲーム人気も高まりを見せています。
あつまれ動物の森が売れに売れたのは記憶に新しいところ。

今後も安定する業界ですが、職種によってはハードワークが伴うのと向き不向きがあります。

オンライン教材や指導系ビジネス

新型コロナウィルス感染拡大により拡大したものといえば『オンライン〇〇』でしょう。

  • エクササイズやトレーニングやヨガなどの運動系
  • ピアノレッスンなどの習い事系
  • 英会話レッスンや資格などの勉強系
  • セミナーなどの自己啓発系

これまでは店舗に通うのが当たり前だったものについても、この状況でオンラインレッスンを開始したところがでてきています。

オンラインレッスンも受けてみると意外と良いというか、『対面でなくてもできるんじゃん』と気付いてしまった方もいます。今後、店舗に通うスタイルに戻っていくところが多いでしょうが、オンライン系のサービスも残るでしょう。

受講するほうからすれば自宅で受けられる(移動しなくていい)というメリット、
講師としては出勤しなくても自宅で配信できる(子育て中の世帯など理由があっても隙間時間に働ける)というメリットもあります。

新型コロナウィルス感染拡大により拡大し、今後定着していくものであり、指導のスキルさえあれば大金を稼ぐチャンスもあるでしょう。

ビルメンテナンス

ビル内の清掃や窓の掃除、エレベーターの点検などなど。いわゆるビルメンテナンスのお仕事は意外な需要の高まりを見せています。

テレワークが推進され、主に大企業は人の数が少なくなっています。

ということでビルメンテナンスもやりやすい!!
ということから、この機会にまとめて依頼がかかりやすくなっているようです。

新型コロナウィルス感染拡大が落ち着いた後は需要も元通りになっていくでしょうが、とはいえビルメンテナンスの仕事自体は一定の需要を保つでしょう。

新型コロナウィルス感染拡大によりテレワークが推進され続けたり、商業ビルに買い物に出掛ける人の数が減ったりするとビルメンテナンス業界も影響を受けるかもしれませんが、それでもビルの管理は絶対にしないといけないことなので注目です。

土木関係(建物や観光地の補修など)

意外なことに、新型コロナウィルス感染拡大によって土木関係の仕事の需要が増えている場面もあるようです。

例えば・・・

休園中のテーマパークの修繕案件や、観光地の工事、観光名所の修繕などなど。
普段は観光客が多いから大々的にはできなかった工事系の案件を、新型コロナウィルス感染拡大で人出が減ったことで行いやすくなったことが背景にあるようです。

この需要は経済活動が普通になり人出も元通りになった頃には落ち着く可能性が高いですが、元々東京オリンピック開催まではこの業界の需要は高いといわれていました。
また、国際的なイベントの日本開催も今後控えているので、もうしばらく需要は高そうです。

体力に自信があり、経験があるなら、きちんと求人を取り扱っているエージェントに相談に行ったり求人情報を調べたりしたら現時点では応募しやすそうです。

医療業界

医療業界といっても幅が広いですが、医師と看護師についてはこの時代かなり必要とされています。

誰でもなれる仕事ではなく専門の勉強が必要なので入りやすくはないですが、新型コロナウィルス感染拡大中でも直後でもアフターコロナの時代でも人間が活動する限り必要とされる業界でしょう。

薬品業界

医薬品業界の中には、新型コロナウィルス感染拡大により大幅に利益を伸ばした企業もありました。
ウィルスの特効薬を開発するのは基本的に医薬品業界の企業です。
この時代にむしろ利益を伸ばし成長の可能性がある業界になります。

その代わり、研究員などの専門職は専門資格が必要だったり、営業の内容によっては資格が必要だったり、誰でもできる仕事ではないので入りやすいとは言えません。

また、無くならないとはいえ現在採用活動が活発に行われているかというと、そうでもないところも多いです。

つまり潤っているけど、別に今入りやすい業界ではない・・・という感じです。

介護業界

高齢化社会の日本では、介護業界は絶対になくならないといえるでしょう。
今後は介護を行えるロボットの発展などにより、介護業界の採用人数は減る可能性がありますが、それでも一定数の人間は求められ続ける可能性が高いでしょう。

元から人手不足の業界なので、この業界に興味があり、人のお世話をして喜んでもらえることが嬉しいという方には向いているお仕事です。

コロナで売り上げが伸びている業界=転職活動しやすいかどうかは実は微妙?

新型コロナウィルス感染拡大後に売り上げが伸びているからといって=転職しやすいとは限りません。

今いる社員で運営できている企業や、とりあえず新規採用は停止して様子を見ている企業もあります。
また、新型コロナウィルス感染拡大の期間だったからこそ売り上げを伸ばした業界については、今後元の需要に戻っていく可能性が高く、いつまでも売り上げ増加!というわけにはいかないところも多いでしょう。

新型コロナウィルス感染拡大によって、企業の状況も変動しやすいのです。

コロナ時代の転職活動

新型コロナウィルス感染拡大後の転職活動は情報収集が重要です。

売り上げが伸びた=新型コロナウィルス感染拡大期間の一時的な変化という業界や企業もあると予想できるので、変化する情報を敏感にキャッチしていくことが大切です。

ネットを活用して情報収集したり、最新の情報を常にキャッチしている転職エージェントに登録したりして、積極的に活動していきましょう。

今は転職エージェントもオンライン面談や登録に対応してるので、お家にいながら転職活動しやすくなっています。

転職サイトはいろいろありますが、
まずはマイナビとdodaへの登録が基本です。

マイナビエージェントは求人情報サイト、CMでもお馴染みのマイナビが運営している転職エージェントです。 20代の転職希望者に人気があり、書類添削はもちろん模擬面接など親身になってくれるサポート体制が高評価を獲得しています。

マイナビエージェント公式サイト【無料】

ホワイト企業選びならdodaがいいでしょう。就活・転職大手のパーソルグループの運営です。業界最大級の求人数ですので、ひとまず登録することをおすすめします。dodaであればブラック企業は完全排除しているので安心して就職活動出来ます。

【ホワイト企業に転職】dodaに相談

『まとめ』これまでとは違う仕事が脚光を浴びている!

新型コロナウィルス感染拡大により、これまでと違う仕事が脚光を浴びるようにもなってきています。

常識が変わってしまった日本社会で、安定した仕事に就きたいなら積極的に情報収集を行っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です