上司を殺したい。パワハラ上司にストレスがたまる。ムカついて仕方がない人へ。

上司を殺したい。パワハラ上司にストレスがたまる。ムカついて仕方がない人へ。

せっかく入社した企業でも、理想と現実にギャップを感じることは多々あります。

勤務時間、業務内容、給与待遇などなど・・・ギャップを感じてしまう要素は色々ありますが、今回は上司との人間関係が最悪の職場に当たってしまった場合の対処方法やストレス発散方法や怒りの消化方法をご紹介していきます。

目次でざっくりチェック

上司を殺したい!復讐したい!

上司を殺したい!復讐したい!
上司を殺したいくらい怒りの感情が湧いてくること。実際に上司の性格が悪すぎると、まったくないというわけではないようです。

パワハラ上司、意地悪な上司、働かない上司。世の中には様々なタイプの「嫌な上司」が存在していますが、ムカつく上司のために感情にまかせて暴言や暴力を働くと、結果的に自分の立場を失ったり周りから白い目でみられたりしてしまいます。

上司のことが殺したいくらいムカついたときの選択肢は3種類。

  • グッと堪えてひたすら我慢。状況が変わるのを待つ
  • しかるべき機関や部署に相談して上司を排除する行動を取る
  • 退職して新しい職場でやり直す

上司への報復を考えるなら、2番目の「しかるべき機関や部署に相談して上司を排除する行動を取る」という選択肢がありますが、その前にまずは上司のせいで溜まりに溜まったストレスを何とかしていきましょう。ストレスが溜まりすぎると、冷静な判断をしづらくなってしまいます。

一旦ストレス発散方法を試してみよう

一旦ストレス発散方法を試してみよう
上司に報復するかどうかは別にして、心の健康は何より大切なことです。
心が健康でないと人間はどんなにお金があっても、たくさんの物を所持していても楽しくなくなってしまうといわれています。

ムカつく上司なんかのために、心の健康を失う前に。心を安定させるためのストレス発散方法を実践して、一旦落ち着いて、上司への対処方法はその後考えていきましょう。

アロマをハンカチにたらしておいて定期的にかぐ

アロマをハンカチにたらしておいて定期的にかぐ
アロマの香りは脳に刺激を与えてリラックスやストレス発散を促したり、アロマによっては睡眠の質を向上させたり女性のホルモンバランスにも良い影響を与えるといわれています。

アロマは室内でアロマポットを利用するという方法がありますが、もっと手軽に、対ストレス用に使用するならお風呂に数滴たらして香りを楽しむ方法や、あとはアロマ×ハンカチで香りを楽しむ方法がおすすめです。

直接ハンカチに1滴~2滴の少量たらして(アロマをたらしすぎると職場で香りがバレてしまうくらい強力な香りを発する可能性もあるので量には注意)染み込ませておくことで、職場でも定期的にハンカチを経由して香りを楽しむことができます。

職場でも、気分に合わせて香りをかげばリラックスできます。
職場の上司の言動で急激に上がった怒りのボルテージをクールダウンさせることも可能です。

ストレス発散に効果があるといわれている香り

レモン
オレンジ
ラベンダー
ローズ等

アロマエステやマッサージ

アロマエステやマッサージ
ハンカチにアロマをたらして香りでストレスをコントロールするのは手軽な方法ですが、もう少し予算をかけられるのであればアロマエステやマッサージもおすすめです。

アロマを利用したエステ、マッサージは心地よい香りの中でマッサージしてもらえてストレスにより凝り固まった筋肉もほぐされ心がリフレッシュできます。
アロマのエステやマッサージの専門店なら、体調に合わせて香りを選択できるはずなので「ストレスが溜まっている」と伝えたらストレス解消向きのアロマをピックアップしてくれます。

また、アロマエステやマッサージの効果は「香り」によるストレス発散だけではありません。

アロマエステやマッサージではセラピストに直接肌を触られることから、スキンシップによるストレス緩和効果にも期待できるといわれています。
人間はスキンシップで安心感を得たり、ストレス発散をしたりする機能を持つ存在です。
アロマエステやマッサージは、即席のストレス発散にはとても効率が良いといえます。

カラオケで大声を出す

カラオケで大声を出す
カラオケに行き、大声を出したり思いっきり歌ったりするという昔ながらのストレス発散方法です。

1人で行っても友達と行っても楽しいカラオケ。
怒りも声に出して思いっきり発散するのはいかがでしょうか。

リラックスできる音楽やストレス緩和用の音楽を聴く

リラックスできる音楽やストレス緩和用の音楽を聴く
ストレス緩和やリラックスを目的とした専門の音楽というのが存在します。
アルファ波が出やすい音楽・・・場合によっては癒し音楽と呼ばれているジャンルです。アルファ波というのは脳が癒しを感じられる脳波の一種といわれていて、この脳波の状態のときはストレス緩和やリラックス効果に期待できるのだとか。

イメージとしては、アロマエステや、癒しを提供するスパのマッサージ等を受けているときに流れている音楽。

ネット等でも探すことができたり、癒し音楽を集めたCDなんかもあるようなので、お家でゆっくりする週末の夜にアロマポットで香りを楽しみながらそのような音楽を流しながら少しだけお酒を飲む・・・というのもストレス緩和には良いのではないでしょうか。

海水浴やスキー等のレジャースポーツ

海水浴やスキー等のレジャースポーツ
海水浴、スキーといったレジャースポーツもおすすめです。
レジャースポーツをするためにはお出かけが必要になります。ちょっとした遠出だとしても、気分転換に。そして楽しく体を動かすことですっきりリフレッシュできます。

大自然の中で楽しむキャンプ

大自然の中で楽しむキャンプ
大自然の中で楽しむキャンプ・・・人によっては虫が不得意等の理由で合わないこともあるかもしれませんが、自然が好きならきっと楽しめるはずです!

バーベキューやカレー作りもセットで行えばおいしいものも食べられて素敵ですよね。

悪酔いしない程度にお酒を飲んで騒ぐ

悪酔いしない程度にお酒を飲んで騒ぐ
悪酔いするとストレス発散どころか体調悪化に繋がるので注意が必要ですが、お酒をほどほどに飲んで楽しむというのは良いストレス発散方法です。
クラブのようなにぎやかな空間、バーのように会話を楽しめる空間、自宅で映画をみながらのんびりと。お酒の楽しみ方は人それぞれ。

自分に適した方法で適量を守って楽しく飲めば、ストレス緩和にも期待できます。

上司を殺したいと感じたときの怒りの消化方法

上司を殺したいと感じたときの怒りの消化方法
上記ではストレス発散方法をご紹介しました。
ストレス発散方法を実践し、一旦落ち着いても残った怒りの感情がある場合。怒りの感情の発散方法を試して消化していきましょう。

以下では怒りの発散方法を1つずつご紹介します。

カウンセリングに行く

カウンセリングに行く
心療内科や企業のカウンセラー等のカウンセリングを受けるという方法です。

心療内科やカウンセリングというと鬱病になったらするものというイメージを持っている方もいますが、海外ではストレス発散や自分自身の感情と向き合うために専門家の力を借りる(気軽にカウンセリングを利用する)というのが珍しくない国も多いです。

日本でも同様。気負わなくても問題ありません。
感情を消化して心の安定をはかるためにも、便利な方法です。

また、保険が適用にならない心療内科だと料金面はかさみますが、保険適用のところもあるので何度か通う可能性がある場合は保険適用のところを探しましょう。

運動!特に筋トレで発散しよう!

運動!特に筋トレで発散しよう!
先ほどのストレス解消方法にも通じるところがありますが、運動は怒りの感情の消化にも役立ちます。
運動することで人間は心がリラックスするのだとか。

外に出るのが億劫なときは筋トレやエアーボクシングで体を動かすのもありです。

友達や家族にチャットやメールを通して文章にする

友達や家族にチャットやメールを通して文章にする
他の人に感情を吐き出して消化するという方法。吐き出す相手は親しい友達か、家族がおすすめです。

職場の同僚に吐き出してしまうと、噂が広まる可能性があるからです。

信用できる親しい友達か、家族にチャットやメール等で言葉にしてみて、送信する前に自分でも一旦確認。
すると不思議と客観視できることがあります。
客観視した結果、何となく気が進まなくなりチャットやメールの送信自体を辞める気分になることもあります。

客観視しても怒りが収まらなかったら送信しちゃいましょう。
ただ、送った相手には「流し読みで良い」と伝えておきましょう。そうすれば、相手を感情に巻き込みすぎずに済みます。

ひたすら紙に書いて破り捨てる

ひたすら紙に書いて破り捨てる
先ほどの友達や家族に文章で送るというのは他人に協力してもらい怒りを発散する方法ですが、「他人は一切巻き込みたくない」というときに取れる方法がこちら。

ノートを準備・・・するのがもったいないときはチラシの裏だったり、いらない紙でも大丈夫です。
紙とペンを用意して、ひたすら紙に上司への怒りを書きましょう。

一言だけだったり、逆に長文だったりしても良いです。
思い付くままに紙に書き出し、飽きるまでひたすら書き出しましょう。
そして気が済んだら紙をびりびりに破りすてましょう。

それも済んだらおいしいものを食べたり、お酒を飲んだりしましょう。

上司を妄想や脳内で徹底的に攻撃する

上司を妄想や脳内で徹底的に攻撃する
人間の脳は想像も現実のように受け止めることがあるといわれています。

つまり、脳内で上司を徹底的に攻撃したり、上司に直接文句をいう想像をしたりすれば脳の中では「現実で上司を攻撃している」錯覚があり、スッキリするかもしれません。

この方法は注意点もあります。
あまり暴力的な想像をしすぎると脳は逆にストレスを感じてしまうかも・・・。
ちょっとした攻撃のイメージで、ちょっとすっきりするくらいの範囲で留めておきましょう。

上司に限らず他人を変えるのは自分を変えるより難しい

上司に限らず他人を変えるのは自分を変えるより難しい
上司がムカつくとき「上司に変わって欲しい」「上司に良い上司になって欲しい」と、誰もが考えるものではないでしょうか。
しかし、上司に限らず他人を変えるのは自分が変わるよりも難しいといわれています。

上司がどうしようもない感じなら、上司がきっと変わってくれるとは期待しないほうが良いです。
そういうものだと受け入れるか、上司に直接「変わって」「直して」と指摘する以外の方法で対策を取るか考えましょう。

上司を殺したくても直接「文句」をいうかどうかはよく考えて判断

上司を殺したくても直接「文句」をいうかどうかはよく考えて判断
気の強い方や信念がある方は上司を殺したいと思ってしまうくらいに怒りを感じること(それくらい重大かつ非道な行い)があれば直接文句を伝える方もいます。

話し合いの場を設けたり、間違っていると指摘したりです。

しかし、このやり方は要注意。
部下にそこまで怒りの感情を与える上司はまともではないことが多いです。
意地悪な上司でも、そこに理由が感じられる、愛のある意地悪さならマシです。問題は正真正銘ただの意地悪で性格が悪い場合です。

そんな底意地の悪い上司は直接文句をいわれると激高する可能性があり、トラブルの規模が大きくなる可能性もあります。
場合によっては「君が悪い」と、被害妄想で周りに話されてしまうかもしれません。

直接指摘というやり方は実は大きなリスクがあります。

SNSなどツイッターやフェイスブックに書きこんではだめ。もちろん2chもやばい

SNSなどツイッターやフェイスブックに書きこんではだめ。もちろん2chもやばい
直接いわないにしても、この怒りが収まらない・・・と、SNSやTwitterやFacebookに書き込むのは止めておきましょう。
どこで誰がみているかわかりません。2chのような匿名の掲示板もそうです。

同じ会社の人間と1人もSNS上で友達になっていないとしても、万が一の可能性があるので悪口を書かないほうが身のためです。
ハンドルネームで職場も年齢も明かさずTwitterをしていたとしても、Twitterにはメアドで検索できる機能も存在しているので、知り合いに教えているメアドを利用して登録しているなら危険です。

怒りを書き込みたいとき、怒りを文章にしたいときは、とりあえず友達や家族に伝える方法か、もしくは紙に書いて破り捨てる方法に切り替えましょう。

法的な根拠のあるパワハラならそこを追及する

法的な根拠のあるパワハラならそこを追及する
「直接文句をいうのもSNSもリスクがあるなら、じゃあどうしろっていうの!」と、感じるかもしれません。

まずは感情的にならないことが大切です。
冷静に対処して有利に進められるなら、一応直接対峙することは問題ありませんが、間に専門家が入るほうが安心です。

話し合いの場は状況によっては「言った」「言わない」といった内容で揉めることもあるので、事前に上司の行いについて証拠を集めることも大切です。
また、勤務先に専門のカウンセラーがいるならその人物に話し合いの間に入ってもらうという方法もあります。

部下から殺したいとまで思われる上司であれば相当酷い行いを部下にしているはずです。
ストレス発散方法を実践、怒りの消化方法を実践。
もし、それでも気が収まらず上司への怒りが減らないのであれば、それはもうパワハラを受けているのではないでしょうか。

パワハラを受けているのであれば、上司よりも部下のほうが有利です。
パワハラを追求することで、上司に報復することも可能です。
ただし、念のため証拠も集めておくほうが安心です。

労組に入るという手もある

労組に入るという手もある
上司がどう酷いのかによっては労組に入るという手もあります。
勤め先に労組があるならそこに加入し、上司と戦っていくというのもの。労組には仲間がいるので、心強く感じられるかもしれません。
実際に労組が団結して職場の環境を変えたという例もあります。

団結すると大きな力になります。

ちなみに現在、勤め先にないという場合でも作ることはできるようなので、根本から変えたいという熱い意志がある方は、このような方法で対抗しても良いかもしれません。

また、労組の組織作りまでいかなくてもパワハラや職場の問題については公的な機関に相談することも可能です。

怒りはまだ健全!悲しかったり傷付いたりする感情のほうが強いときは要注意

怒りはまだ健全!悲しかったり傷付いたりする感情のほうが強いときは要注意
「上司ムカつく!」と感じるとき。上司が嫌なことをしてきたとき、上司が酷いことをしてきたとき。怒りを感じられる方はある意味ではまだ健全な精神状態です。

怒るためにはエネルギーが必要になります。
心には怒りを抱えられるほどのエネルギーがまだあるということです。

心配なのは、上司がどのような酷いことをしてきても怒りすら感じられなくなったときです。
「怒りが湧かず何も感じなくなった」「怒りではなくただただ悲しいと感じるようになった」「怒りは湧かないけど無気力で会社に行きたくなくなった」

このような状態になったらカウンセリングに行くことをおすすめします。

鬱や精神的な病気の兆候の可能性があります。

ちなみに、精神的な病気になってしまった原因が上司にある場合にはそのこともしっかりと医師に相談して対応を仰ぎましょう。
診断書の内容によっては、上司が部署から移動の処分になる可能性があります。
また、上司が移動しなくても自分が転部できる可能性があったり、休職することができたりと配慮してもらえる可能性があります。

とにかく、怒りすら感じない状況が最もマズイです。
怒りはまだ健全な感情。
怒りすら感じなくなったら、できれば友達や家族にも直接相談しましょう。

状況によっては転職を決意して環境を変えるという方法もある

状況によっては転職を決意して環境を変えるという方法もある
ここまででご紹介してきたのは、ストレス発散方法、怒りの消化方法、そして上司をなんとかしたいときに取れる対策・・・。しかし、状況によっては、そこまで無理して何とか自分で対処しようとしなくても転職して環境を変えるという選択肢もあります。

美談を求めるなら、上司を変えるために1対1で熱くぶつかるというのもありかもしれませんが、それで良いように転がるのはドラマや映画はともかく現実だとそんなに簡単ではありません。

人によっては上司とぶつかるだけで精神的にへとへとに、心をすり減らしてしまいます。

そこまで頑張って戦うより、転職して環境を変えるというのも1つの選択肢です。
現職に未練があるか?未練があるとしたら何に対して未練を感じるのか?
転職することのメリットとデメリットは何があるか。このような内容を紙に書き出して、客観視して判断しましょう。

その結果、転職しようと決心できた場合、そして決心まではいかなくても転職しても良いかもと転職に気持ちが動いた場合。
この場合は、転職に向けて情報収集しましょう。

退職前に就職支援サービスや公共のサービスに相談してみよう

退職前に就職支援サービスや公共のサービスに相談してみよう
退職して失業保険をもらいながら再就職に向けてゆっくり就活するか、それとも先に転職先を決めて転職するために退職するか。どちらが良いかというとほとんどの方には転職先を決めてからの退職のほうが良いのではないでしょうか。

失業保険は確かに嬉しいですが、再就職までの期間が長引けば長引くほど会社勤めの生活に戻るのは辛くなってしまいます。
また、上司が嫌で退職した場合少し間があくと「だんだんと精神的に消耗」する可能性があります。
できれば早めに転職先を決めるのが良いです。

転職するなら、就職支援サービスを利用するのがおすすめです。

転職エージェントやハローワークのようなサービスを就職支援サービスといいます。
ハローワークと転職エージェントなら、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントは会員登録すると担当者が付いてくれて条件に合った企業の求人を紹介してくれます。
上司が嫌で転職するなら、次の職場は上司がまともなほうが良いですよね?
その気持ちは正直に、転職エージェントの担当者に伝えましょう。
そうすれば、転職エージェントの担当者は職場の雰囲気が良く、上司がまともそうな求人を紹介してくれます。

もちろん転職エージェントを利用して転職したからといって絶対に素晴らしい上司に当たるという保証はありませんが、安心感は高まるのではないでしょうか。

転職エージェントを利用することで得られるメリットは再就職先に対する安心感だけではなく、就職支援のサポートにもあります。書類添削や面接対策等のサービスを受けることができます。

上司が嫌で退職したあとの就活で気を付けるべきこと

上司が嫌で退職したあとの就活で気を付けるべきこと
転職という形ではなく、先に退職して、退職後に再就職する道を選んだ場合。気を付けなければいけないこともあります。

  • 失業保険をもらう手続きをする
  • 再就職は早めにできるように行動
  • 事前に情報収集してわかる範囲で職場候補の企業について調べる

まず、退職したら失業保険をもらいましょう。
失業保険をもらえばしばらくは収入がありますが、それでも早めに再就職を決めましょう。
年齢にもよりますが、一般的には就活期間が長引いて無職期間が長引くほど再就職の選択肢が少なくなっていくといわれています。

また、次の職場の内情まではわからなくても何となくの雰囲気も調べておくことをおすすめします。

事前に職場の雰囲気を探れる方法も重視

事前に職場の雰囲気を探れる方法も重視
事前に次の職場について調べる方法。
一般的なのはインターネットです。

現在ではインターネット上で企業に対する口コミや、実際就業した経験を持つ方の口コミを確認することができます。
実際就業した経験を持つ方の口コミにも色んな方向性があります。

例えば業務内容が嫌で辞めたという場合と、人間関係が嫌で辞めたという場合では大きな違いがあります。

業務内容は人によって好き嫌いは分かれます。
別の方には好きではない業務でも自分にも好きな業務かもしれないので一概に口コミだけで判断できない部分があります。

しかし、人間関係については・・・共通して嫌だと感じやすいので、「人間関係がダメだった」という口コミがないかどうかは要注目です。

まとめ!怒りを消化して状況を変化させよう!

今回の記事では、上司への怒りがふつふつと湧いている方に向けてストレス発散方法や怒りの解消方法、そして上司への対策をご紹介しました。

部下にそこまで怒りを覚えられている上司を変えるのは正直なところ、けっこう難しいといわれています。
状況に合わせて対策を検討するか、もしくは転職するというのも良いのではないでしょうか。

退職してから就活か、先に転職先の決定か。
どちらかを選択するなら、先に転職先を決めておいたほうが安心感があります。

就職支援サービスを使って、事前に情報収集もしましょう。
また、内定が出そう(もしくは出たら)インターネットを使用して、その企業の雰囲気について調べておくのも良いです。
内情の詳細まではわからなくても、何となく雰囲気はつかめるかもしれません。

徹底的なブラック企業の排除の就職サイト

書類通過率はなんと80%越え、大手企業や優良企業のみで厳格な審査により、ブラック企業の排除
10万件以上の求人を見るだけでもok
30秒で年収を300万円あげたいならウズキャリをご確認下さい
>年収が1000万越えを期待。ウズキャリはこちら
ウズキャリ


土日休みで正社員雇用率80%越え

関東周辺にお住まいの今年中に就職したい方におすすめ
30秒でお試し登録
未経験で就職したいならハタラクティブがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!ハタラクティブはこちら
ハタラクティブ


【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です