Re就活の評判!25歳以上~30代ニートでもエージェントに登録出来る?

Re就活の評判

新卒で就職して1つの企業にずっと勤める方もいれば、現代社会では新卒で入社した企業を早々に退職するという方も増えているようです。
就職した企業を退職することへの理解は深まってきてはいるものの、それでも現状によっては大変になりやすいもの。

特に25歳以上や30代でニートだと過去に正社員経験があっても空白期間が長ければ長いほど再就職に不利になりやすいといわれています。

今回は、現在25歳以上~30代でニートという方に向けて。求人情報サイト「Re就活」についてや、それからニートの就活方法や対策等。詳しくご紹介していきます。

他の既卒のサイトは以下からどうぞ。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

同じ既卒の為のサイトならウズキャリがおすすめです。

  • ブラック企業は完全排除
  • 無料相談無制限
  • 内定率80%突破!

ウズキャリ就職公式サイト【無料】

目次でざっくりチェック

Re就活の評判と口コミ

Re就活の評判口コミ
まずは、Re就活の口コミ評価を確認していきましょう。

Y・Yさん(26歳)利用期間3ヵ月

「正社員として営業職をしていて疲れてしまいニートに。2年程ニートをしていました。Re就活含めて複数の求人サイトに登録して就職活動をしましたが、結果は書類だけで惨敗続き。でも諦めずに求人をみつけては応募応募を繰り替えていたら面接まで進めた企業が数社あり、無事に内定を獲得できました。
正社員時代は営業職だったので、結果的にその頃育ったコミュニケーションスキルに救われた感じです」

T・Aさん(29歳)利用期間5ヵ月

「高校卒業からフリーターとニート経験しかありませんでした。Re就活に登録してみても全然上手くいきませんでした。仕方ないから他のサイトに登録したり就職サポートをしていたりする会社を使って就職が決まりました。僕にはRe就活は合いませんでしたが、普通に正社員の人が転職で使う分には良いサイトだと思います」

E・Nさん(24歳)利用期間1ヵ月

「Re就活ですぐに就職が決まりました。ニート期間が短かったことや過去に技術職についていたことで経験を買ってもらえたことが就活の決め手となりました。Re就活は求人数が多くて、様々なジャンルから選べるので個人に適した求人をみつける機会は多いです」

A・Rさん(28歳)利用期間2ヵ月

「ニートとバイトを繰り返して30代間近となり将来のことを真剣に考えてRe就活に登録しました。最初から覚悟していましたが、やっぱりRe就活から応募した会社の選考には進めないことがほとんどでした。面接でも「どうして働こうと思わなかったの?」と聞かれたりして心が砕け散りそうになったり(笑)でも、お金稼いだら好きなものたくさん買えるし、おいしいものたくさん食べられるし頑張ろうと奮い立たせてとにかく数を打ちました。
今ニート暮らしをしていて就職を考えている人も就活で心砕け散りそうになることはあるかもしれないですけど、ニートはだいたいその気持ちわかります。みんな同じだし働くようになって普通に楽しく暮らしてる元ニートたくさんいるんで気にしなくて大丈夫です。数を打つときにはRe就活は自分のペースでやる就活として、深夜に家でパソコンで使いつつ日中は就職支援のイベントに行ったり相談したりしていました。スムーズとはいかなかったですが、就職したい意志を伝えればけっこうみんなサポートしてくれます。Re就活がニートに絶対適しているとはあんまり思わないですけど、でもほかのと並行しながら自分のペースでやるなら良いと思います。
実際僕はRe就活以外のもので就職を決めましたが、Re就活を経由して関わった企業のおかげで面接慣れややり取り慣れできたというか、そこは良かったと思います」

今回ご紹介したのは、Re就活の口コミの一部です。
Re就活は会員登録数が多いですが、基本的には転職目的で利用してる現正社員の方が多い印象です。
例えば求人サイトには他にリクナビNEXTやマイナビといったものもありますが、そちらは(応募条件は各企業でバラバラなものの)未経験でも職歴がなくても学歴が大卒ではなくても応募できる求人が多数掲載されている印象ですが、Re就活については「社会人経験あり」だったり「大卒以上」の方が優遇される作りになっている印象です。

求人情報サイトは各サイトごとに「特徴」があり、差別化しています。
就活を開始するときは自分の条件に適した求人情報サイトを利用するのが大切です。

それではRe就活がどのような特徴を持っていて、どのような方に適しているのか等。以下で順番に確認していきましょう。

Re就活は20代向け?30代ニートでもRe就活に登録できる?

Re就活は20代向け 30代ニートでもRe就活に登録できる
Re就活は20代を対象にした正社員の求人情報サイトです。
登録者数70万人以上、掲載企業数7,000社以上の大規模な媒体で情報量が豊富です。
30代でニートという方は登録できませんが、25歳~29歳の範囲であれば現在ニートでも登録することができます。

Re就活の特徴やコンセプト!

Re就活の特徴やコンセプト
Re就活の特徴は上記でも触れた通り20代を対象にした正社員の求人情報サイトであることです。
基本的なコンセプトが転職方面になっているので、Re就活を利用したい方は正社員経験があるほうが有利です。特に専門職系や手に職系で正社員経験があったという方なら、ニート期間があってもRe就活を活用しやすいのではないでしょうか。

Re就活は「ニートやフリーターでも関係なく利用可能」ですが、ニートにも様々な背景があり職歴はバラバラです。
どんな状況下でも就職を有利に進めていきたいなら、Re就活よりもニートのサポートに強みを持つものを利用するほうが良いといえる部分も多そうです。あとは自分の好みによりけりという印象です。

Re就活は「求人情報サイト」なので自分でRe就活のサイトを使用して求人を探します。
そして求人情報の内容を確認して「ここに応募したい」と、感じた企業に応募していきます。
Re就活のサイトをみてもらえればわかりますが、Re就活では大手の求人を豊富に取り扱っています。大手を目指したい方からすると、求人案件は多く感じるはずです。

気になる求人への応募の方法はとても簡単で、Re就活に会員登録さえ完了していればサイト上の求人情報内のボタンから応募できます。
就職や転職を希望する方は並行して何社もの求人に応募する傾向にありますが、Re就活を活用すればたくさんの気になる企業に応募しやすいです。

また、サイト上のマイページから、応募した企業の情報を確認することができます。
まとめて応募しすぎて「あれ?どこの企業に応募してたっけ・・・」とか「この企業に応募してたか覚えていない」と、いうような展開を防止できます。

選考前に社風がわかる転職イベントを実施しているということもあり、キャリア重視の方向けの求人情報サイト。
サイト上の書類を丁寧に記入しておくと、企業側に興味を持ってもらえてオファーが来る可能性もあります。キャリア志向なら要注目。

求人情報サイトは、現代の20代、30代の若者にとっては定番のツールとなっています。

re就活は求人情報サイト!エージェントではないので注意!

Re就活は求人情報サイト エージェントではないので注意
Re就活は正社員の求人案件を専門に取り扱う「求人情報サイト」です。「就職エージェント」ではないのでご注意ください。

就職エージェントって?

会員登録をすると在籍している担当者(アドバイザー)が希望や条件に適した企業の求人を紹介してくれるサービスです。
通常の就活のように、応募する企業側にエントリーシートを提出したり(中には不要なところもある)
面接を受けたりする必要はあるものの、紹介してもらえる企業は就職エージェントと契約している企業が多いから、スムーズな採用に期待できることもあり。就職エージェントにもよりますが、紹介する企業については就職エージェントのスタッフが事前に訪問して取材をしていることが多いです。「どんな人が働いているのか」「どんな雰囲気の職場なのか」といった点も事前に確認しているので、入社前から内情を伝えてもらうことができ、安心感があります。
このように事前取材をしていることや、「紹介」というスタイルということもあり就職エージェントが紹介する企業はブラック企業がないのも強みです。

また、最初から「希望」や「条件」に適した企業を担当者が絞り込んでくれるから、たくさんある求人を1つ1つ確認して応募する企業を探す手間が不要!

求人の紹介以外にエントリーシートの内容の添削や、担当者とマンツーマンの面接対策等も実施。
その他、就職エージェントによってはセミナーや研修会という名称でスキルアップに関連したセミナー等も実施しています。

「ニート」にとっての就職エージェントのメリット

・自分の希望や適性に合った企業を紹介してくれるので求人探しをする時間を削減
・担当者がエントリーシートの添削や面接対策をしてくれるので初めての就活でも安心
・スキルアップセミナー等がある就職エージェントなら知り合いや友人を作るチャンスもあり
・入社前から職場の雰囲気を伝えてもらうことができる

就職エージェントのデメリット

・就職エージェントは大手も取り扱っているものの大手に行きたい派からすると希望の求人ばかりではないかも
・マイペースに自分で就活したいときには担当者とのやり取りや面談はわずらわしく感じるかも

けっきょくどっちがおすすめ・・・?

25歳以上~30代のニート。正社員の職歴まったくなしor職歴あるけど空白期間がありという方の場合は、就職エージェントがおすすめです。
こちらに該当する方は企業選びをしっかり行わないと書類選考で通らない可能性もあります。
書類選考で通らないと何となく気分が落ち込み、モチベーションが低下して就活を辞めてしまうという方もいますが、しかし、実際には現在ニートでも、きちんと企業さえ見つけることができたら正社員になるチャンスはあります。

25歳以上~30代は、20代前半のようにパワフルさがあり勢いだけで就活も乗り切れることが多々ある世代と違い、求人数は少なくなるかもしれません。「どうしてニートをしていたの?」と、冷たい感じに聞かれてしまうかもしれません。

しかし、きちんと個人を見てくれてこれからの頑張りに期待してくれる企業は世の中にはたくさんあります。
そういう企業と出会うことができればまだまだチャンスあり!
そういう企業と出会うためには、求人情報サイトでもいけるものの、就職エージェントで担当者に探してもらうほうが効率が良いのは事実です。

また、きちんと名前が知られていて会員数の多い就職エージェントを利用すれば、就職エージェントが紹介してくれる企業は基本的にブラック企業というものがありません。
内情も就職エージェント側で把握していることが多いので、久しぶりに正社員として働く方や、ニート期間が長い方も安心して利用できます。

Re就活の使用に料金はかかる?

Re就活の使用に料金はかかる
Re就活の利用に料金はかかりません。
無料で利用して、就活できるのが魅力です!

電話で就職のアドバイスや対応をしてくれる?

電話で就職のアドバイスや対応をしてくれる
Re就活は就職エージェントというスタイルではないので、電話での就職アドバイス等は実施していません。
自発的に就活したい人以外からみると、もしかしたら不親切に映るかもしれませんが、自分のペースで好きなように就活を進めていきたい方や、大手に就職をしたい方、今はニートだけど本来バリバリのキャリア志向という方には合っています。

Re就活を利用しようか迷うときには、自分の目的を定めたうえで「Re就活が適しているか」考えるのがおすすめです。

re就活は大手の求人や憧れのメディア系ワークが多い?

Re就活は大手の求人や憧れのメディア系ワークが多い
Re就活は大手の求人や憧れのメディア系の求人が多く掲載されています。

大手に行きたい、大手で働きたいという方は多いです。
そのような方にとってRe就活の求人案件の質は魅力的に映るのではないでしょうか。

しかし、大手に就職したい方は多く、大手で条件が良ければ必然的にたくさんの応募があり、競争倍率は高くなります。
現在25歳~30代でニートという方は応募する求人によっては高倍率の中で不利になる可能性があることは念頭に置いておきましょう。

もし、職歴等に自信がなく現在ニートだけど大手に行きたいということであればRe就活に掲載されている求人の中でも「契約社員」のものを狙って応募してみるのも1つの手段です。
契約社員のほうが正社員よりも応募倍率は下がり、採用基準もゆるやかになるからです。

まずはそこから地道に実績を積み重ねて、正社員登用を目指すという方法もありです。
ただし、年齢によっては契約社員の契約期間満了で退社をしなければいけなくなる可能性もあります。

大手派は、資格を取ったり、とりあえずもう少し入りやすい関連業種の企業に入ったり何かしら対策を取り、希望の企業に入る方法を検討してみてはいかがでしょうか。

大手の求人数が多いのはRe就活の魅力ではありますが、それが便利に感じられるかどうかは状況によって変わってくるのが難点です。

「会員登録」「ログイン」re就活を使ってする就活のやり方をみていこう!

「会員登録」「ログイン」Re就活を使ってする就活のやり方をみていこう
Re就活の会員登録はホームページ上に「新規会員登録」ボタンがあるので、そこから進めることができます。
他にFacebookや、Yahoo japan IDで登録することも可能です。こちらの方法なら入力の手間を削減できます。

メールアドレスで登録することにしたら名前や居住地やメールアドレスや、学歴や経歴等。Re就活側が指定する項目を入力するだけで利用可能となります。

会員登録が済んだらとにかく求人探しです!
希望条件や地域等で絞り込み検索もできますし、業種でざっくばらんに検索することも可能です。
掲載されている求人数が多いので好みの仕事が見つかりやすいです。

一旦作業を終えたらログアウト。
そしてログインするときもRe就活のホームページ上にある「ログイン」ボタンを押してID(メールアドレス)とパスワードさえ入力すればいけます。

応募する手順はシンプルで簡単

応募する手順はシンプルで簡単
会員登録が完了したら、求人情報を検索し、内容をよく読んで気になる企業にボタン1つで応募することができます。
とてもシンプルで便利です。
面接のスケジュール調整等が難しくならない限りは、気になる企業複数社にどんどん応募することができます。

大手企業や有名ベンチャー企業はもちろん、安定している中小企業等。様々な企業の求人情報を社名がわかるようにした状態で確認できます(就職エージェントだと紹介される企業名が面接直前まで伏せられていることもありますが、Re就活では最初から求人情報と一緒に企業名も掲載されています)

マイペースに求人を探したい方、特定の企業からの内定を狙っている方はRe就活はとても便利なのではないでしょうか。

求人情報は詳細が記載されているから事前に色々知れる

求人情報は詳細が記載されているから事前に色々知れる
Re就活に掲載されている求人情報の内容は詳細が記載されています。
年収や休日や昇給やボーナスといった気になる待遇面以外にも、社風や残業についても情報がしっかりと掲載されていることがほとんどです。
また、写真も掲載されていることが多いので何となくその企業に対してイメージが湧きやすくなるのも魅力です。

Re就活の求人情報には「選考のポイント」が記載されているので、面接対策に活かすことができます。
就職エージェントのように、担当者にいたせりつくせりのサポートをしてもらったり、合っている企業を紹介してもたらったり、面接対策をしてもらったりすることはできませんが、自力でも就活をしっかりと進めていきやすいように。このようにちょっとしたサポートもあります。

求人情報サイトの中ではRe就活は丁寧さが目立っている傾向にあります。

re就活にアプリはある?

Re就活にアプリはある
このようにインターネット経由で就活ができる便利な求人情報サイトのRe就活。
最近ではアプリがある求人情報サイトも多数登場していますが、Re就活はどうなのかというと・・・Re就活のアプリ、あります!便利です。

正直、見やすさでいったらPC版のサイトのほうが断然見やすいし使い勝手も良いですが・・・
アプリは電車やバスでの移動中でもスマホさえあれば就活ができるのが強みです。スマホ派の方、就活もスマホでできたら嬉しい方、ぜひRe就活アプリもチェックしてみてくださいね。

内定決まるor就活辞める!re就活の退会方法

内定決まるor就活辞める Re就活の退会方法
Re就活を退会するときといえば内定が決まったときか、就活自体を辞めるときが基本ですよね。
Re就活の退会方法はシンプルで、いってしまえば辞めたくなったらいつでも辞められます。

退会したくなったら、Re就活のサイト上に退会用のページがあるのでそこから案内通りに進んでいくだけです。退会は自由。いつでも気軽にできますが、選考中の企業がある場合は選考が終了してから退会するようにしましょう。

時々、求人情報サイトから届くお知らせメールが多いから退会したくなったという方もいますが、Re就活ではメールの配信をストップするよう設定を変更することができるで、そのような理由で退会したいときはいったんストップして設定変更をしてみるのがおすすめです。

re就活は女性にもおすすめ?

Re就活は女性にもおすすめ
Re就活は女性にもおすすめです!
20代の転職に強みを持つというコンセプトにはなっていますが、フリーターでもニートでもやる気があるなら会員登録することは可能で、好きな求人に応募することができます。

ニート歴が長いと、現在進行形で正社員として働いている求職者よりは不利になることが多いですが、女性の場合は女性に特化した企業があったり、女性の営業職を積極採用している企業があったりと「女性を求めている」企業も多いので、使い方によっては豊富な情報をRe就活経由でゲットして、就活を有利に進められる可能性があります。

女性も、Re就活に興味がある方はぜひ積極的に利用してみてください。

30代ニートの就活!re就活ではなく就職エージェントが良いときは?

30代ニートの就活 Re就活ではなく就職エージェントが良いときは
30代ニートでRe就活は使えない。でも他の求人情報サイトよりは就職エージェントを利用したいというときにおすすめなのはどこなのか。以下では2社ピックアップしてご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
有名企業のリクルートが運営してる就職エージェントです。リクルートは求人情報サイトでも求人数が多いのが特徴ですが、就職エージェントでも同様に取り扱い求人数が多いです。

基本的には職歴がある30代ニートの方なら、地域にもよりますが紹介できる案件は出てくるのではないでしょうか。ただ、職歴が一切ないときは紹介してもらえる求人の数が少なくなる可能性もあります。

リクルートエージェントはバリバリのキャリア志向系の方も多く登録するエージェントということもあり、ニートに対するサポートに絞るとそれまで密度が濃いわけではありませんが、取り扱い求人数が多いことから期待はできるのではないでしょうか。

とりあえずものは試しで登録してみるのがおすすめです。

東京在住なら東京しごとセンター

東京在住なら東京しごとセンター
名前の通り東京に特化しているので首都圏在住の方向けの就職エージェントですが、東京しごとセンターもおすすめです。
東京しごとセンターでは、20代の就職支援の他に30代以上や55歳以上の就職支援も行っています。
幅広い年齢に合わせた求人案件を取り扱っていて、年齢を心配しなくても合っている企業に出会える可能性ありです。

また、サポート力に強みを持ちます。
求職者に向けたスキルアップ系のセミナーも実施していて、右も左もわからないけど就職したいという熱意を持つ方に丁寧な対応をしてくれます。

興味がある方は気軽に問い合わせをしてみてくださいね。

30代ニートだと登録できる就職エージェントは限られているから注意!

30代ニートだと登録できる就職エージェントは限られているから注意
Re就活(求人情報サイト)は20代に特化していますが、Re就活のようなタイプの求人情報サイトではなく就職エージェントに視点を当てても、20代に特化しているものの数が多い傾向です。

30代のニートになってくると登録できない就職エージェントもあります。
しかし、本来就職エージェントというのは1つに絞って登録して、そこと二人三脚で就活を進めていくのが基本です。対応している就職エージェントの数が20代よりも少ないとしても、その中の1つに登録すれば問題ありません。

名前の知れている就職エージェントなら、対応力は高いので安心です。

30代でニートという方で就職エージェントを希望する方は、最初に就職エージェントの方向性を確認したうえでの絞り込みが必要です。

就職エージェント以外でサポートしてくれるところって?

就職エージェント以外でサポートしてくれるところって
今回の記事では、求人情報サイトのRe就活と就職エージェントに視点を当ててご紹介していますが、他にもニートの方が使える就活サービスはあります。
有名なのはハローワークです。
ハローワークは、全国各地にあり地元に根付いた企業の紹介等も行っているので「地元で就職したい」という方にとっても便利です。
ハローワークでしか求人を出していない地元に根付いた企業もあり、ニートに理解のある企業もあります。
また、ハローワークのスタッフ自体も親身になってくれることが多いです。

ハローワーク以外だと、自治体がニートに対する就活サポート系のセミナーや合同就職説明会を実施することもあります。合同就職説明会だと、最初から募集企業の担当者と対面することができる仕組みになっているところも多いので個人をみてもらいやすいです。

ニートの数は日本国内に少なくないといわれていますが、30代はまだまだ働き盛りの若者です。
自治体としてもぜひ仕事をして欲しいと考えているので、都市部、地方に関わらずこのようなイベントは定期的に実施されているようです。

30代ニートが面接まで進んだらすべきこと!

30代ニートが面接まで進んだらすべきこと
Re就活を使用してでも、就職エージェントを使用してでも面接に進めたら勝負本番です!
面接用の準備が必要です。
特にニート歴が長い方の中には身だしなみに気を遣わない生活に慣れている方も多いので、面接前に身だしなみチェックは大切です。

20代だと勢いで乗り切れることも多々ありますが、30代になると企業側も身だしなみチェックへの目が厳しめ。
以下では、30代ニートが面接まで進んだらすべきことをご紹介していきます。

美容室に行って髪型を整える!

美容室に行って髪型を整える
こちらはとても大切。
美容室に行って髪型を整えましょう。
美容師さんに「就活中だから適した髪型にして欲しい」と、伝えて整えてもらいましょう。

床屋のほうがひげの処理ができて良いということであれば、床屋でも良いです。

ちなみに女性でも顔の産毛がたくさん生えているという方は珍しくありません。ニート期間中にあまりお化粧をしていなかったという女性は明るい部屋で鏡をみて顔の産毛をチェックしましょう。
顔の産毛は自分でも処理できますが、女性向けの美容室やエステで数千円で処理してくれることもあるので、印象アップ目指して産毛の処理をプロに依頼するのもありかもしれません。

スーツ&靴&鞄を購入する!

スーツ&靴&鞄を購入する
スーツ、靴、鞄を持っていない方は面接前に購入しましょう。
裾が長い等あれば、お店で修正してもらい体にピッタリ合ったスーツで面接に臨みましょう。

以前着ていたスーツを着用して面接に行く方は事前にクリーニングに出してキレイな状態にするのがおすすめです。靴もしっかり磨きましょう。

女性はオフィスワークを目指すと、就業時の服装がオフィスカジュアルというところも多いですが、それでも面接時はスーツを着て髪が長い方は髪を束ねて臨んだほうが好印象です。

女性はナチュラルメイクが基本!

女性はナチュラルメイクが基本
女性にとって面接時に気を付けなければいけないことはメイクという点もあります。
男性はすっぴんで面接を受けるのでヒゲの処理や、場合によっては眉毛を整えるだけで良いですが、女性の場合はメイクの裁量も重要です。

面接を受けるときにはナチュラルメイクが基本です。
ナチュラルメイクは実は自然な印象を与えようとすればするほど難しいメイクでもあります。
また、流行もあります。
一昔前は細い眉毛が主流でしたが、最近では自然な太めの眉毛が主流。そのようなナチュラルメイクの流行の移り変わりは、朝のニュースに出ている清楚系の女子アナさんたちが参考になります。

しばらくメイクをしていなかったという女性は面接前に何度かメイクを練習しておくと安心です。

30代ニートが就活を始めたら毎日決まった時間に散歩するのがおすすめ

30代ニートが就活を始めたら毎日決まった時間に散歩するのがおすすめ
こちらは必須の項目ではありませんが、就活を始めたタイミングから毎日、決まった時間に散歩をするのもおすすめです。

ニート生活だと不規則な生活や夜型生活になっている方、とても多いですが、夜勤の仕事を除き就職したら朝起きて決まった時間に出勤するという生活になるので、とりあえず散歩のようなものから「決まった時間の行動」に慣れておくと就職後に少し気楽になります。

また、日光に浴びると夜しっかりと眠気が来てリズムが整うともいわれているのでおすすめです。

30代ニート資格取得を目指すと有利?

30代ニートは資格取得を目指すと有利
ここまで25歳以上~30代ニートの就活で使える求人情報サイトや、就職エージェントについてご紹介しました。
20代よりも30代のほうがニートからの就職の難易度が上がるといわれているのは事実です。
もし、30代の就活を有利に進めたいなら資格を取得・・・するのもありです。

ただし、資格によってはあまり就活の役に立たなかったり、資格取得まで時間がかかるものもたくさんあるので時間と相談して決めましょう。

また、資格の中でも手に食系ですぐに合格しやすいものは魅力的ですが、そのような資格は女性の就職を助ける要素が強い資格が多いです。
例えば医療事務の資格は有名です。
医療事務は求人数が多く、高齢化社会のこれからの需要も期待でき、さらにブランクがあっても採用されやすいのが魅力でありつつけっこうスムーズに取りやすい資格の1つだといわれています。

同じような理由から調剤薬局事務という資格も、専門の求人に出会えれば有利になりやすいです。

男性の場合だと介護職系の資格があるとその業界への就職に有利になりやすいですが、介護職は向き不向きが出やすい職種です。
介護職の資格を除いても、資格を取ることはできても業務に向き不向きというものはゴロゴロあります。
「資格を取れば就職に役立つ!」のは条件が揃ったときで、人によっては条件が揃わず、けっきょく資格取得よりさっさと就活するほうが良いということもありえますので、状況を加味して判断しましょう。

資格取得とre就活に登録するのはどちらが先?

資格取得とRe就活に登録するのはどちらが先
もし、就職のために資格取得を目指すという選択をした場合でRe就活を利用するとき、どちらを先に進めるべきかというと、Re就活を先に進めつつ同じくらいのタイミングで資格の勉強も始めるのがおすすめです。

Re就活で気になる求人情報があったらそこにどんどん応募するようにしていけば、もしかしたら資格取得前に就職も決まるかもしれません。
仮に希望している業種ではなかったとしても、とりあえず正社員として働き職歴を作り、資格を取得できたらそのとき働いている企業には秘密にしてこっそり、資格を活かせる仕事への転職活動を進めるようにするのも良いのではないでしょうか。

直近に職歴があるだけでけっこう就活のスムーズさが変わることがあるので、資格を取得するにしてもとりあえず正社員として働きながらというのは非常に現実的です。

30代ニートで就活がストレスになったらどうやって発散するの?

30代ニートで就活がストレスになったらどうやって発散するの
30代ニートの就活は何かとストレスが溜まりやすいものです。
「早く就職してよ」といわれたり面接を受けた企業の担当者から色々と根掘り葉掘り聞かれたりスムーズに進まなかったり。ストレスは溜まりやすいです。

ストレスはその都度発散するのがおすすめです。

ストレス発散方法・・・

・カラオケに行って大きな声で歌う
・ゲームセンターで思いっきりゲームする
・気分転換にプチ旅行
・軽い運動
・ヨガ等の体験レッスンでお金をかけずに運動
・電話相談などを利用

定番なのはカラオケです。カラオケで大きな声で歌うとストレス発散に繋がりやすいです。
そしてカラオケと同じく好きな人にはとても楽しいストレス発散方法といえばゲームセンターです。ゲームセンターには、某ワニを思いっきり叩いたり、太鼓を叩いたりするゲームがあったり、モデルガンを使用するゲームがあったり、大きな画面で車を運転できるゲームがあったり。スカッとするゲームが多数あります。
そのようなゲームは自宅だとなかなかできないので、楽しんでストレス発散をしてみてはいかがでしょうか。

気分転換にプチ旅行というのは、お金が多少かかってしまいますが節約したいときは5駅くらいの範囲で散策したりお店巡りをしたりする程度でも気分転換になります。

そして軽い運動!運動をすると心地よい気分になるという方は多いです。
ウォーキングやジョギングが面倒なときは、ヨガの体験レッスンもけっこうおすすめです0円~1,000の範囲で、体験レッスンを実施しているヨガスタジオは意外とあります。
体験なので1回ぽっきりではありますが、女性ならちょっとした運動におすすめです。

 

まとめ!30代ニートだって人手不足の現代ならチャンスあり!

 

今回の記事では25歳以上~30代のニートに視点を当てた就活や、Re就活やその他就職エージェントについてご紹介しました。
現在ニートでも、しっかり情報収集を行い積極的に就活をしていけば内定をもらえるチャンスはあります。
新卒や20代前半のほうが有利になりやすいという部分は確かにあるかもしれませんが、25歳以上~30代だって諦める必要はありません。

ニートの就活に利用できるのは、年齢が20代ということであればRe就活もそうですし、それ以上でもその他の全年齢対象の求人情報サイトや就職エージェントやハローワーク、その他自治体のイベント等様々あります。

このようなサービスを上手く活用して、就活を進めていきましょう。

【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です