転職で年収ダウンの失敗例。許容範囲を考えれば幸せこそ成功ともとれる

転職で年収ダウンの失敗例。許容範囲を考えれば幸せこそ成功ともとれる

転職をする理由は人それぞれです。
人間関係が悪いために職場を変わりたい、スキルアップできる環境を得るために職場を変わりたい、そして年収アップのために職場を変わりたい等。

だいたいの年収というのは転職前に確認する求人情報でわかりますが、たまたま年収ダウンの企業から内定が出て、そこしか行ける場所がないと、とりあえずそこに入社するという方もいます。

年収ダウンの企業への転職は時に、転職者側に大きなストレスを残すようです・・・。

年収ダウンが嫌な方には転職エージェントへの登録がおすすめ(無料登録可能。すぐ退会可能)

転職エージェントであれば今すぐ年収があがり、土日も休める好条件の職場を探す事が出来ます。

その中でもおすすめなのは10万件の転職情報が掲載されているdodaです。

doda

dodaは以下からどうぞ。

doda公式サイト【無料】

転職で年収ダウンの失敗例

転職で年収ダウンの失敗例
転職する前には必ず求人情報を確認しているはずなので年収も把握しているはずです。
それでも転職による年収ダウンを体験する方がいる理由は、転職前の企業でどうしてもすぐに辞めたい理由があり、とりあえず決まった先に入社した・・・という流れが多いです。

年収ダウン覚悟で入社してあまり気にならないまま継続して勤務を続ける方もいれば、「これくらい下がってもあんまり気にならないはずだ」と予想して実際入社してみたら、意外と年収ダウンが生活に響いてストレスになってしまう方もいます。

年収ダウンするとしたら平均どのくらいと考えればいい?

年収ダウンするとしたら平均どのくらいと考えればいい?
年収ダウンの一例をあげると、例えば激務の営業職年収500万円から、ゆとりを求めて定時で帰れる事務職に転職・・・

そしたらその仕事の年収が280万円で「楽だけど、辛い!」という状況に陥る・・・というのはけっこう定番です。

年収アップを前提に転職活動するなら、年収ダウンの仕事にはそもそも応募しないはずなので、年収ダウンの企業を転職活動の候補にしている時点で、年収以外の理由があるはずです。
年収以外のメリットがあって転職を希望し、最初は年収を意識していなかったけど、実際入社してみたら意識してしまうパターン。

そこでストレスを感じてしまう方の多くは「転職は失敗だった」と判断してしまいます。

しかし、本当に失敗なのでしょうか。
はっきりいって状況次第、捉え方次第では、年収ダウンしたところで転職は失敗ではないはずです。

年収ダウンしても許容範囲で幸せなら成功といえる

年収ダウンしても許容範囲で幸せなら成功といえる
まず、年収ダウンしても自分の中でその年収が許容範囲の年収で、仕事にも環境にも満足できるなら「転職成功」だといえます。

また、仮に目先の年収ダウンが目立っても、継続して勤務しているうちに年収アップする可能性があるなら「転職成功」に近いといえるのではないでしょうか。

年収は、働くうえでとても大切なことですが、最近の価値観ではお金だけではない部分も幸せのために注目されています。
年収以外で満たされているなら、それは「転職失敗」とはいえないはずです。

転職する理由の1つ「年収アップ」は落とし穴が多い

転職する理由の1つ「年収アップ」は落とし穴が多い
ちなみに、他の事情があったわけではなく最初から年収アップを目指して転職したけど、年収ダウンに悩まされる方もいます。
これは転職の落とし穴ですが、試用期間中に給料が下がったり、転職時期によってはボーナスがほとんどもらえなかったりといった事情により、転職した年の年収が下がってしまうパターンです。

企業が提示している年収は実際のところ前職よりアップするにも関わらず、タイミング的な問題で下がったり。試用期間が厄介な要素になっていたり。このような場合はどうしても年収ダウンが避けられませんが、ただ、落とし穴は一時的。

翌年から年収アップするなら耐えるべきだといえます。

目先の年収アップを目的としての転職は、条件をよく確認するべきだといえます。
確認せずに「わーい年収アップ」と、入社してみたら、上記のような展開でたまたまその年の年収が下がって衝撃を受ける可能性があるからです。

落とし穴は絶対避けたい派は注意しましょう。

継続すれば年収アップする可能性があるなら日々を頑張ろう

継続すれば年収アップする可能性があるなら日々を頑張ろう
また、落とし穴関係なしに年収ダウンになるとしても、継続していれば昇給する企業というのは多いはずです。

せっかく転職したなら、もうできるだけ後悔はしたくないもの。毎日仕事に一生懸命取り組み、年収アップを目指しましょう。
後悔していても年収はアップしませんが、仕事を頑張れば年収はアップするかもしれません。

年収ダウンでも入社後活躍して伸びていけるのはどんな人?

年収ダウンでも入社後活躍して伸びていけるのはどんな人?
年収ダウンした入社後、年収のことに引っかかりつつ伸びていける人というのは、とにかく前向きな人です。

仕事にやりがいを感じていたり、人との関わりを楽しんでいたり、モチベーションが高いと入社後成長して、出世等も期待できるかもしれません。

やらないよりはやるほうがチャンスは広がります。

どうして年収ダウンすると転職失敗だと感じてしまうの?心理について

どうして年収ダウンすると転職失敗だと感じてしまうの?心理について
ここまで年収ダウンに「転職失敗」だと感じる方がいる旨に触れましたが、どうして年収ダウンすると転職失敗だと感じてしまうのでしょうか。

その裏にあるちょっとした心理を読み解いていきましょう。

1、お金を物差しに考える風潮が根強い

1、お金を物差しに考える風潮が根強い
年収ダウンを「転職失敗」だと考えやすい理由。それは仕事についてお金を物差しに考える風潮が根強いからです。

高収入が良い仕事だと考えている・・・層は現代は減っているといわれていますが、しかし、高収入は良い仕事という風潮はいまだに根強いです。

その風潮から、お金が減った=転職先の仕事は前職よりダメ

という気持ちに直結する場合があります。

この考え方はあまりよろしくないです。

世の中には、年収に関わらず自分の仕事に誇りを持って取り組んでいる方はたくさんいます。そして総じてそのような方はキラキラしています。
それに対し、いくら高年収でも疲労やストレスで精神的に不調を感じてしまったり、いつも「退職したい」と考えてしまったりする方もいます。

どちらが生活の満足度が高いかは一目瞭然ですよね。

本来、仕事はお金が全てではないです。

もし、転職先の仕事が嫌なうえに年収ダウンして、てんてこまいという状況なら問題かもしれませんが・・・転職先の企業について「良いと感じる部分」があって転職したのなら、年収にフォーカスしすぎる必要はないのではないでしょうか。

お金に価値が集中する風潮を自ら破りましょう!

2、給料以外の部分に興味関心を持たずに転職したから

2、給料以外の部分に興味関心を持たずに転職したから
「転職失敗」と感じてしまう背景には、転職先への興味関心のなさが原因になることもあります。

「転職したってことは転職先に興味あるはず」というのは、確かに一般的ですが、世の中には「何となく」転職をする方もいます。
そのようなタイプの方の中には時々、転職先にほとんど興味やこだわりを持たずに応募して内定が出たからとりあえず入社するという行動を取る方もいます。

転職先に興味関心がなく良いところを実感できていないと、必然的に年収という生活に密接に関わる要素にフォーカスしてしまい、「年収ダウンするくらいなら転職しなければよかった」という結論に至ることがあります。

転職したからには一生懸命頑張るほうが良いはずなので、とりあえず年収は我慢してしばらくは仕事に打ち込んだり、職場の人間関係の輪に入ってみたりするのがおすすめです。
そうすることでいつの間にかやりがいを感じていたり、職場の仲間が好きだからこの職場が好きという風に考えられるようになるかもしれません。

3、仕事以外に重視していることがないから

3、仕事以外に重視していることがないから
転職先の良いところも分かるけど、それでも年収ダウンに「転職失敗」と感じる方の多くは、仕事以外に重視していることがない傾向にあります。

人間の生活は仕事以外にプライベートの時間もあります。
休日にはデートしたり合コンしたり友達と遊んだり趣味を楽しんだり・・・そのような使い方をする方もいますが、世の中には仕事が好きでプライベートの色々には興味がないという方もいます。

そのような方は、仕事という枠組みにフォーカスして物事をみているので、その中の1つである年収も注目率が高くなっている可能性があります。

このようなタイプの方は年収ダウンしたからダメ!!と100%考えているわけではなく「もっと年収があればよかったなあ・・・」というような、どちらかというと感想の1つとして捉えていることが多いです。

このようなタイプの方は、休日の楽しみを見つけることで年収への注目率を減らすことができ、ストレスを軽減できるかもしれません。

転職の「失敗」「成功」は考え方次第

転職の「失敗」「成功」は考え方次第
ここまで解説してきた内容でもわかりますが、基本的に転職の「成功」「失敗」は個人の考え方と捉え方次第となります。

周りから見たら「その転職先ダメでしょ」と、感じるような場合でも当事者にとっては仕事も転職先も大好きで毎日楽しいという場合もあります。この場合は周りが何を思っても「転職成功」といえるはずです。

逆に「大手で高収入で美女が多い職場で最高じゃん」と、周りが思ったとしても、当事者が「出勤するのも辛い。辞めたい」と感じているようなら「転職失敗」といえるのではないでしょうか。

年収ダウン。言葉の響きはあまりよろしくはないですが、本人がそれでもやりがいや仕事の楽しさをみつけて、出勤するのが楽しいなら、それは「転職成功」といえるはずです。

「給料?」「労働環境?」「プライベート?」転職で得たいものを明確に

「給料?」「労働環境?」「プライベート?」転職で得たいものを明確に
「転職成功」を実現するためには、転職活動を始めるときに、転職で得たいものを明確にしておくようにしましょう。

  • 高収入
  • 労働環境(人間関係)の良さ
  • 社員が優遇される福利厚生(商品の割引制度/育休の充実等)
  • プライベートを充実させられるゆとりある職場

色々ありますが、自分が得たいものを明確にし、それを得られる職場を選ぶことで「転職成功」を実現させやすくなります。

お金のためだけなら副業という選択肢もあり?

お金のためだけなら副業という選択肢もあり?
ちなみに、年収アップのために転職するという考え方もありますが、最近では年収アップのために副業を選択する方もいます。

副業完全禁止の企業もありますが、副業できる企業も増えているようです。
副業も色々種類があるようなので、年収アップのためだけに転職したいときは選択肢の1つとして検討できるかもしれません。

転職で失敗続きにならないために!転職活動は準備が必要

転職で失敗続きにならないために!転職活動は準備が必要
「転職失敗」したと感じた後、何度も転職を繰り返してしまう方が時々います。
転職は都度目的があるなら良いですが、目的もないまま転職回数だけを増やしてしまうと、年齢を重ねてきた後に不利になる可能性が出てきます。

つまり、転職をするならスキルアップや独立のための経験値を増やす等の特別な目的がない限りは、居心地の良い企業を早めにみつけて転職を完了させ、落ち着く方向が安心です。

それでは、失敗続きを避けるためにどうしたら良いのかというと、情報収集が大切になります。
最近ではインターネット上で企業情報も確認しやすいので、インターネットの活用はおすすめです。

それ以外にも転職エージェントを駆使するという方法もあります。

理想の転職を目指すために利用したい転職エージェント

理想の転職を目指すために利用したい転職エージェント
転職エージェントとは、会員登録すると担当者がついてくれて条件に合った求人を紹介してくれるサービスです。
このサービスの良いところは、求人紹介をしてそれで終わりではなく、書類の添削や面接対策にも対応してくれることです。

紹介してくれる企業はその転職エージェントと繋がりがある(登録している)ところなので、担当者が間に入ってくれることで有利になる部分も出てきやすく、条件のミスマッチも避けやすいです。

リクルートエージェントは給料交渉もできる

リクルートエージェントは給料交渉もできる
転職エージェントは世の中にたくさんありますが、年収にこだわりたい派の方におすすめなのはリクルートエージェントという転職エージェント。

大手企業のリクルートが運営しています。

リクルートエージェントでは、企業への年収交渉にも対応していて、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが年収交渉を行ってくれます。
もちろん年収交渉できそうな額についてはリクルートエージェントのキャリアアドバイザーと相談して・・・という形になり、場合によってはそもそも厳しいということもあります。

それでも年収アップを目指すために転職したい方には強い味方ではないでしょうか。

また、年収交渉をするしないに関わらず、リクルートエージェントで取り扱っている求人には年収が高い求人もたくさんあるので年収アップ希望の方におすすめです。

まとめ!給料だけでは転職の結果は決まらない!

今回の記事では、年収ダウンによる「転職失敗」をテーマに色々と解説しました。

「転職失敗」も「転職成功」も、正直考え方や捉え方次第の部分が大きいです。
できれば転職は成功したいもの。そのために転職エージェントは便利なので、これから転職活動をする方はぜひチェックしてみてくださいね。

徹底的なブラック企業の排除の就職サイト

書類通過率はなんと80%越え、大手企業や優良企業のみで厳格な審査により、ブラック企業の排除
10万件以上の求人を見るだけでもok
30秒で年収を300万円あげたいならウズキャリをご確認下さい
>年収が1000万越えを期待。ウズキャリはこちら
ウズキャリ


土日休みで正社員雇用率80%越え

関東周辺にお住まいの今年中に就職したい方におすすめ
30秒でお試し登録
未経験で就職したいならハタラクティブがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!ハタラクティブはこちら
ハタラクティブ


【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です