仕事楽しくないつまらないなら転職しよう。新卒なら早めに動く

仕事楽しくないつまらないなら転職しよう。新卒なら早めに動く

「どんな仕事も大変なもの」といわれていますが、自分の中で仕事に対して「楽しさ」を見出せれば頑張りやすいですよね。

現職に楽しさを見出せているならとても恵まれていることですが、どうあがいても楽しさを見出せないということであれば、転職して楽しさを見出せる仕事に就くというのも良いのではないでしょうか。

今回は仕事が「楽しくない」「つまらない」という理由からの退職や転職について。深くご紹介していきます。

仕事楽しくないつまらないなら転職しよう。

仕事楽しくないつまらないなら転職しよう。
仕事が楽しくない、つまらないということであれば、職場の中で自ら行動して楽しさを探してみるのも1つの方法です。しかし、職場に求めるものが明確に決まっていて、それが現職では難しいということであれば早急に転職を検討するのも選択肢です。

自分の求めるものは自分にしかわからないことなので心との相談になりますが、人生を豊かにするために「楽しいこと」を求めるのも決して悪いことではないはずです。

ただし、ほとんどの人間は働き始めると一度くらいは一時的に退職したいと感じるようになります。一時的な感情で「現職が合っていない、辞めて楽しいことを見つける!」という考えは危険です。

そのような場合だと、辞めたあと高確率で後悔するからです。あくまでも、しっかりと「熱意」や「目的」が定まっている、固まっているというなら行動するようにしましょう。

「熱意」や「目的」が定まった状況なら、仮に仕事を変わった後、色々と大変なことがあっても問題なく乗り切れるはずです。

新卒入社なら早めに動いたほうがチャンスあり?

新卒入社なら早めに動いたほうがチャンスあり?
新卒で現職に入社し、まだそれほど日が経過していない(1年未満)という場合、転職するのは早すぎると悩んでしまう方もいますが、自分次第で早くないこともあります。

新卒入社から1~2年以内の早いうちの転職については「第二新卒」という扱いで見てもらえることが多く、まだ育てがいがあることから第二新卒の採用に積極的な企業というのも存在します。

第二新卒は、3年以上継続して勤めた方のスキルアップのための転職とは違い「転職」として応募するというよりは、どこか最初からやり直し(もう一度新しく新卒として始める)に近い状況になりやすい傾向にあるので(こちらについては企業の方針によります)
仮に新卒のような扱いで最初からやり直しになるとしても気にならなかったり、むしろそれに魅力を感じたりするということであれば、早めに動いて第二新卒枠で転職するのもありです。

第二新卒枠は第二新卒と呼ばれる期間にしか使えないので、そこを狙うなら早急に動くべきです。

第二新卒に注目している企業も多い

第二新卒に注目している企業も多い
第二新卒に注目している企業は多いです。

求人情報サイトを使うなら「第二新卒」というワードで検索してみると、地域にもよりますがヒットする数は多いのではないでしょうか。
また、転職エージェントを使うとしても第二新卒向けとしても使えることをPRしている転職エージェントもたくさんあります。

第二新卒でも使える転職サイト&転職エージェント

第二新卒でも使える転職サイト&転職エージェント
第二新卒でも使える、おすすめの転職サイトと転職エージェントについて、以下で1つずつ確認していきましょう。

RE就活

RE就活
RE就活は20代の転職活動のために利用できる求人情報サイトです。

会員登録することでスカウト機能もあり、適職診断もあるのでどの仕事に絞り込むか迷う方にもおすすめです。

求人情報サイトについては自分のペースで転職活動できるのが強みです。
転職のやり方は把握しているときには、マイペースに使えるRE就活がきっと便利に感じるのではないでしょうか。

リクナビNEXT

リクナビNEXT
リクナビNEXTは、正社員求人と契約社員求人を中心に取り扱う求人情報サイトです。

リクルートが運営していて、求人情報数が多くホームページ上から手軽に応募できます。
また、オファーという制度があり、自分の登録情報を充実させておくと興味を持った企業から通知が来ます。オファーも転職活動を効率良く進めやすくする魅力があります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントは、リクナビNEXTの転職エージェント版といったイメージです。

リクルートの名前があるということも大きいのか、大手企業や有名ベンチャーの求人案件が多いです。
また、リクルートエージェントは年収交渉にも対応しているので、年収アップしたいという方にもおすすめです。

ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブは、転職エージェントの中でも幅広い層に丁寧に対応してくれる存在です。

ハタラクティブでは大卒や大学院卒のような立場はもちろん、高卒や中卒の方の転職もしっかりとサポートします。ホームページ上にも高卒や中卒のカテゴリを用意しているので、「学歴によって転職エージェントに扱いを変えられないか不安」と感じている方にも、使いやすい転職エージェントです。

サポート体制はばっちりなので、まずは登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

「仕事楽しくないつまらないなら」次の職場では失敗しないために

「仕事楽しくないつまらないなら」次の職場では失敗しないために
仕事が楽しくない、つまらないから転職を選ぶという場合。
次の職場では失敗しないために、事前に考えておくと良いことについて以下でご紹介していきます。

1、なぜ楽しくないのか?どうしたら楽しいのか考えてみる

1、なぜ楽しくないのか?どうしたら楽しいのか考えてみる
「なぜ楽しくないのか?」「どうしたら楽しいと感じられるのか?」一旦冷静に考えてみましょう。

漠然と「楽しくないから転職したい」という理由から、「どうしたら楽しいのか」を一切考えず適当に環境を変えることだけを選んでしまうと、結果的に転職先でも楽しくないという可能性は充分に考えられます。

「どうしたら楽しいと感じられるのか?」自分の中で答えを出すことで、理想に近い環境の職場に視点を当てて探すことができます。

2、忙しい仕事がいいのか暇な仕事がいいのか考えてみる

2、忙しい仕事がいいのか暇な仕事がいいのか考えてみる
「楽しい」というのは、誰しも同じ状況に対して感じるわけではありません。
Aさんにとっては「楽しい」こともBさんにとっては「楽しくない」ことの可能性があります。

それと近い感覚で「仕事は忙しいほうが良い」という方と「暇なほうが良い」という方、両方存在します。

このように、どうしても人それぞれになってしまうので、求める職場環境はできるだけ明確にしておいたほうが良いです。
そのほうがより理想に近づけやすくなるので、楽しい職場とは何か?だけではなく、忙しさの度合いについても明確に考えておくと良いです。

転職は100%楽しい仕事につけるとは限らない

転職は100%楽しい仕事につけるとは限らない
環境を変えたい気持ちが強いとき、「転職して変わるんだ」という考え方に繋がりやすいですが、注意したいのは転職したら100%楽しい仕事に就けるとは限らないことです。

もちろん100%楽しい最高の職場に行ける可能性はありますが、転職したけどあんまり変わらなかったという展開だって考えられます。

それではどうしたら良いかというと、転職後のギャップをできるだけ少なくすることです。

事前に自分の求めるものを明確にしておき、転職希望先の情報収集を丁寧に行い「ここならギャップが生まれなさそう」という企業に絞り込んで転職活動をするということです。

より良い転職をするには実は情報収集は重要です。
情報収集の負担を減らせる、転職エージェントは実は理想がある転職希望者にとっては魅力的なツールです。

職場に残るという選択肢もあり?

職場に残るという選択肢もあり?
職場に残るという選択肢もあります。
転職してももしかしたら、転職しなければ良かったと考えるかもしれないので、現職で状況を変えていけるならそちらを選択するという道です。

仕事が楽しくないことが嫌になって転職したくなっている方は、シンプルに業務がどうこう以外の不満を抱えている場合が多々あります。

転職を考える理由のほとんどは「人間関係」

転職を考える理由のほとんどは「人間関係」
業務の楽しさうんぬん以外の不満で、代表的なのは「人間関係」です。
「人間関係」は、転職や退職を考える動機となる確率がトップクラスなのだとか。

見方を変えると、多少仕事がつまらなくても大変でも、人間関係に恵まれている職場は離職率が低くなりやすい傾向があるようです。

仕事が楽しくない・・・ことだけが転職希望の原因ではなく、仕事が楽しくないのはあくまでも付随要素で本当は人間関係に不満があったり苦しんだりしている場合、人間関係が改善すれば「現職を継続したい」という気持ちなら、周りや上司に相談して、改善を目指して、現職を継続するのも良いのではないでしょうか。

仕事は楽しくないのは当たり前ではない。楽しい仕事もある

仕事は楽しくないのは当たり前ではない。楽しい仕事もある
仕事が楽しくないのは、決して当たり前のことではありません。

世の中には月給が低くても楽しいことができるのが一番と、やりたい仕事を選択している方がたくさんいます。
逆に、月給重視派は楽しさよりも給料を第一に仕事を選んでいる場合もあります。
すなわち、求めるものは人それぞれですが、今回のテーマに対し何かを感じる方は給料よりも、自分の中で楽しいと感じられることを心の底から大切に感じている可能性が高いです。

給料よりも、何よりも「楽しいと感じられる仕事がしたい」というのは、例えば年齢だったり家庭がある等の状況だったりによっては難しいかもしれません。
しかし、求めるのであれば行動してみるのも良いのではないでしょうか。

退職してから再就職という形を取らず、就業しながらこっそり転職活動というやり方であれば、仮に希望の転職ができそうになければ現職を継続するという選択肢を使うことができます。
安全圏を進みたいなら、こっそり転職という手段を取るようにしましょう!

「まとめ」転職を決意したなら動き出すのは早めが良い!

今回の記事では、楽しくないつまらないという理由から転職したい場合に視点を当てて、詳しくご紹介しました。

「仕事」については色々な考え方があります。
やりがいが一番という方もいれば、給料の高さが一番という方もいます。

その中で「楽しさ」に関連した要素を求めるのであれば、熱意さえあれば転職しても後悔は少ないはずですが、いずれにせよ転職はよく考えてから実行しましょう!

長い目でみたら理想の働き方も色々です。

徹底的なブラック企業の排除の就職サイト

書類通過率はなんと80%越え、大手企業や優良企業のみで厳格な審査により、ブラック企業の排除
10万件以上の求人を見るだけでもok
30秒で年収を300万円あげたいならウズキャリをご確認下さい
>年収が1000万越えを期待。ウズキャリはこちら
ウズキャリ


土日休みで正社員雇用率80%越え

関東周辺にお住まいの今年中に就職したい方におすすめ
30秒でお試し登録
未経験で就職したいならハタラクティブがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!ハタラクティブはこちら
ハタラクティブ


【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です