4週6休はきついしつらい。シフト制の方がメリットがある?

4週6休はきついしつらい。シフト制の方がメリットがある?

正社員の仕事といえば「土日休み」をイメージする方もいるかもしれません。

しかし、土日でも街に出れば様々なものが手に入ることからわかる通り、誰かが土日関係なく働いています。

今回は「土日休み」以外の仕事の「休日」そして「4週6休」をテーマに。特徴やメリットやデメリット等を解説していきます。

4週6休のホワイト企業へ就職したい方は

求人件数10万件以上

ブラック企業は完全除外のdodaへ応募してみましょう。

dodaの登録は完全【無料です】

doda

dodaへの登録は以下からどうぞ。

doda公式サイト【無料】

シフト制と4週6休の違い!シフト制のほうがメリットはある?

シフト制と4週6休の違い!シフト制のほうがメリットはある?

  • 土日休み
  • 休日はシフト制
  • 4週6休

休日のスケジュールは企業にもよりますが、基本的にこの3パターンが定番です。

土日休みは、その名の通りカレンダー通りに土日が休みになります。
オフィス系ワークや、オフィス街でのカフェやレストランに多い印象です。

シフト制の場合は、休日スケジュールはシフト(他の従業員との兼ね合いで調整)によって決まります。
このような仕事は土日出勤になるのが基本ですが、毎月スケジュールを組むので(休みは固定曜日ではない)中には月に1~2回は土日休みを作る等の配慮をしている企業もあります。百貨店やコールセンターやその他サービス業全般に多い印象です。

4週6休はシフト制に近いですが、企業によっては毎週土曜日+隔週で水曜日休みと最初から固定で決まっていたり、シフト制のように調整して決まったりする両方のケースがあります。
4週6休とは、すなわち4週間で6回休日があるということです。「4週間で6回休日があるシフト制の仕事」というのも、=4週6休の仕事といえます。

このような4週6休の就業形態はオフィス系の仕事でもサービス業系の仕事でもよくあります。実はよくよく探せば珍しくありません。

週休2日が多い現代!4週6休で働かせるのは法律違反ではない?

週休2日が多い現代!4週6休で働かせるのは法律違反ではない?
現代社会は何となく週休2日が定番ですよね。
役所だって週休2日、多くの企業も週休2日。

しかし4週6休は、企業側が提示している時点で最初から「週休2日にはならない」ことが確定しています。

「法律的に問題ないの?」と、気になる方もいるかもしれませんが、1日あたりの就業時間が定番の8時間勤務までなら問題ありません(※それ以降勤務があるとしても残業代を支払い残業とすれば大丈夫です)

すなわち、4週6休・・・法律ではOKとなります。

もし4週6休の仕事が、週休2日の仕事と給料的にも待遇的にもほとんど差がなく、さらに万が一好きな仕事でもなかったら・・・辛く感じる方もいるのではないでしょうか。

4週6休はきついらしい!

4週6休はきついらしい!
4週6休はきついと感じる方が多いらしいです。

もちろん、業務内容や体力等の個人差もありますが、きつく感じやすい傾向にあるというのはもはや納得できますよね。休みが少ないですから!

好きな仕事に従事しているなら4週6休でもどんとこい!!と、感じられるのかもしれませんが、そうではないとなかなか大変なのではないでしょうか。

4週6休のきつさの例!どう影響する?

4週6休のきつさの例!どう影響する?
4週6休がきついと感じる、4週6休で影響が出るといえば真っ先に挙がるのがこちら。

  • 肉体的にきつい
  • 精神的にきつい

週休2日の仕事でも、このようなきつさに悩まされる方はいますが同じ業務内容でも休みが少ない4週6休のほうが感じるリスクは高いかもしれません。

「それでも耐えられる」という方もいれば、「耐えられない」という方もいます。

耐えられない方は早急に退職して離職していきます。
4週6休に抵抗があっても実際に就業している方は世の中にたくさんいます。つまり、耐えられる層というのも存在します。

自分が耐えられる層か耐えられない層か・・・。悩んでいる方は早めに気持ちに向き合うようにすると良いかもしれません。

週休2日欲しい!贅沢な気持ち?

週休2日欲しい!贅沢な気持ち?
週休2日は贅沢ではありません。
週休2日の企業は世の中多いです!というか、一般的な働き方は週休2日が定番です。

4週6休が嫌だから週休2日の企業に転職したい。そういう気持ちになったのなら、決して贅沢なことを言っているわけではないので自分のために転職もやむなしです。

4週6休は年間休日が100日以下になる!?圧倒的に少ない!?

4週6休は年間休日が100日以下になる!?圧倒的に少ない!?
週休2日でも年間休日が100日以下の企業はあります。
週休2日=1ヵ月あたり8日の休日があると考えて、シンプルに1年(12ヵ月)と考えれば年間休日は96日・・・。

ただし週休2日の場合は祝日も休み(一般的なカレンダー通りのスケジュール)にしていることが多いので、結果的に年間休日120日~140日くらいになることもあります。

それに対し、4週6休はシンプルに計算するなら年間休日72日。
企業によっても変わってきますが、4週6休の仕事は祝日も稼働するスケジュールになっていることが珍しくないので、場合によっては有給を含めても年間休日は90日以下になる可能性もあります。

休日については事前に把握しておきましょう!

いずれにせよ、「休日が圧倒的に少ない」という状況になる可能性は、週休2日よりは高いといえます。

4週6休の仕事だから給料が高いというわけではない

4週6休の仕事だから給料が高いというわけではない
「週休2日より休みが少なくなりやすいのだからその分、給料面は良いはず!!」と、思いきや。4週6休の仕事の中には「まさに、その通り!!」という仕事もあれば、「全然そんなことない・・・」という仕事もあります。

「仕事の休みは少なくして、たくさん働いて稼ぎたい!」という方は、4週6休の仕事を最初から選ぼうとするより、企業の待遇(就業条件)に視点を当てて選んだほうが良いです。

4週6休の仕事を辞めたほうが良い状況をチェックしてみよう

4週6休の仕事を辞めたほうが良い状況をチェックしてみよう
現在、4週6休で働いていて転職を考えているけど踏みとどまれないという方。

先ほども記載しましたが、耐えられる層というのと耐えられない層、両方存在しています。

自分自身が耐えられる層に該当するうえで、やりがいを感じていたり、休日以外の点では満たされていたりするなら転職は踏みとどまっても良いでしょう。

しかし自分自身が耐えられない層に該当しているなら、早く転職しても良いのではないでしょうか。

そこで以下では確認項目を1~3で用意しました。2つ該当すれば転職を検討(まずは、あくまでも検討)してみましょう!

1、疲労で肉体的にも精神的にも不調になっている

1、疲労で肉体的にも精神的にも不調になっている
4週6休は、週休2日よりもシンプルに労働時間が長くなるので、業務内容にもよりますが疲労がたまり不調になることがあります。
それは肉体的にはもちろん、精神的にも不調になることも。

体を壊したり、心の健康を損なったりすることは怖いことです。

それだけでいつもおいしく感じていた食べ物をおしく感じられなくなったり、好きだった趣味を楽しいと感じられなくなったりといった様々な悲しい要素が浮上してきます。

自分自身のために、本当に不調で悩んでいるときには退職を検討しても良いのではないでしょうか。

※ただし、一時的な疲労ですぐ回復するという場合には勢いで行動しないようにしましょう。

2、先が見えない

2、先が見えない
先が見えないというのは、4週6休がどうというより、就業している企業への不信感です。
4週6休で定年まで働いても企業側に大切にしてもらえるような気はしない。言い方は悪いですが使い捨ての駒のような感覚がする等。

4週6休の仕事に就業していて「先がみえない」という気持ちに支配されているとき、パッとわかりやすい「4週6休しかないこと」が原因のように錯覚している(もしくは、それも含めて理由で混じっている)可能性があります。

しかし実は自分自身の中の本質の理由はそれだけではなかったり。その他の部分についても感じていたり。複雑化しているのかもしれません。

まずは、どうして先が見えないのか考えてみましょう。

「4週6休だけど給料が高ければ良い!!給料が低いから将来が不安」
「4週6休でがむしゃらに働いているけど上司がパワハラで、我慢して勤めた結果の将来が心配」等。

紙に書き出してみると、気持ちを整理しやすいかもしれません。

けっこう気持ちが高まってるなら退職を検討するに、充分値するのではないでしょうか。

3、とにかく休みが欲しいという願望がある

3、とにかく休みが欲しいという願望がある
こちらはシンプルに「4週6休よりもっと休みが欲しいよ!!」という気持ちが日に日に高まっているパターンです。

先ほども触れた通り週休2日欲しいというのは全然贅沢なことではありません。
就業条件を指定しすぎずに、休みの日数だけにこだわるなら、週休2日の仕事に就くのも現実的にそれほど難しいことでもありません。

「英語は喋れないけどアメリカで就職する」とか、「パソコンは文字入力しかできないけどWEBデザイナーになる」とかいうよりはずっと簡単なはずです。

まだまだ1つの企業に勤めあげるのが良いという風潮は社会的に根強いので、「転職」にマイナスイメージがあるという方もいるのかもしれません。

でも、週休2日の仕事が良い、休みが欲しいという理由で転職したって悪いことではないはずです。
だって働くことは生活=人生に密接に関わります。
自分の満足いく状況にしたいのは自然なことです!!

上記の1~3の中で2つ以上該当するなら転職を検討するのはありではないでしょうか。

転職活動は周りに喋りさえしなければ、こっそり進めることができます。実際に転職するかは別にして、転職エージェント等に気持ちを相談に行って、良い求人があるか確認しに行ってみましょう。

「まとめ」働き方は様々!自分で選ぶ権利があるのです!

今回の記事では、「休日」と「4週6休」をテーマに詳しくご紹介しました。

4週6休の仕事でも年間休日が多い企業はありますが、年間休日が少ない企業も多いのは事実です。
4週6休が不満で転職・・・というのも、自分にとって休日が重要なことだったり、休日が少ないために不調を起こしていたりするなら。思い切って決断しても良いのではないでしょうか。

転職エージェントに話を聞きに行くなら、転職についてまだ迷っている段階でも可能です。
自分の希望の働き方を目指していきましょう!

徹底的なブラック企業の排除の就職サイト

書類通過率はなんと80%越え、大手企業や優良企業のみで厳格な審査により、ブラック企業の排除
10万件以上の求人を見るだけでもok
30秒で年収を300万円あげたいならウズキャリをご確認下さい
>年収が1000万越えを期待。ウズキャリはこちら
ウズキャリ


土日休みで正社員雇用率80%越え

関東周辺にお住まいの今年中に就職したい方におすすめ
30秒でお試し登録
未経験で就職したいならハタラクティブがおすすめ
>未経験でも無料相談ok!ハタラクティブはこちら
ハタラクティブ


【無料で就職相談出来る】

以下で紹介しているものは全て無料で利用出来る非公開求人多数掲載の求人サイトです。

診断テストやフェスにも参加可能です。

既卒就活サイトおすすめ評判ランキング!就職するならここ

就職サイトウズキャリはこちら

正社員になれるいい就職.comはこちら

80%以上の内定率ハタラクティブ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です